2018年12月19日

パディントン発4時50分 アガサ・クリスティー:著

ミス・マープルが送り込んだ
家政婦のエキスパートのルーシー・アイルズバロウが
探偵的な立ち位置の本作



ネタバレしています
続きを読む
posted by 紫 at 05:10| 大阪 ☀| Comment(0) | 翻訳推理小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

殺人者の顔 ヘニング・マンケル:著

謎解きミステリーではなく
警察のクルト・ヴァランダーとその部署が
一丸となって
犯人を追う
失敗も試行錯誤も盛り込んだ警察物


ネタバレしています
続きを読む
posted by 紫 at 05:04| 大阪 ☀| Comment(0) | 翻訳推理小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

ケンブリッジ大学の殺人 グリン・ダニエル:著

素人探偵的なチェリントン副学寮長が
警察を出し抜いて謎を解いていくのかと思ったら
そうはならない




ネタバレしています
続きを読む
posted by 紫 at 05:42| 大阪 ☀| Comment(0) | 翻訳推理小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

お菓子の家 カーリン・イェルハルドセン:著 

プロローグでは
幼稚園でのひどいいじめが書かれている


ネタバレしています
続きを読む
posted by 紫 at 05:50| 大阪 ☀| Comment(0) | 翻訳推理小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

杉の柩 アガサ・クリスティー:著

1939年

エリザベス2世が
プリンセスだった時代



真相には言及していませんが
それ以外はネタバレしています
続きを読む
posted by 紫 at 05:36| 大阪 ☁| Comment(0) | 翻訳推理小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

蒸気機関車と血染めの外套 アランナ・ナイト:著

表紙がマンガみたいで
ジュブナイルなのかなと思ったら
それに近いなあ



ネタバレしています
続きを読む
posted by 紫 at 13:25| 大阪 ☁| Comment(0) | 翻訳推理小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

凍った夏 ジム・ケリー:著

記者ドライデンが謎解きするシリーズとは知らずに
読んだが
独立した作品として読めた




ネタバレしています
続きを読む
posted by 紫 at 15:15| 大阪 ☁| Comment(0) | 翻訳推理小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読書感想ランキング