2023年12月29日

ライフボート シャーロット・ローガン:著

大型客船 エンプレス・アレクサンドラ号に
新婚の夫 ヘンリーと乗っていたグレース



ネタバレしています
ライフボート.jpg





エンプレス・アレクサンドラ号が
爆発炎上

ライフボートに乗って
漂流した
グレースの一人称


実は
この物語は
救出されたあと逮捕されたグレースが
手記として書いたもの

グレースの心理が
赤裸々に描かれている

そして更に
この物語は
ライフボートでの漂流生活がメインというわけでもなく
グレースの有罪なのか無罪なのかの話が根底に流れていた


定員オーバーでライフボートに乗った人々が
自ら海に身を投げていく

家族が絶望的になったと思い
身を投げたミセス・フレミングはまだしも
誰かを外していかないと
乗客が助からないという理由で
くじをひいて
すったもんだして身投げする

極限状態だったら
私も誰か海に飛び込んでほしいと思うだろうか

自分が飛び込むだろうか

安全な場所にいるときは
ノーと言えるが
あの状態だったらと思うと
何とも言えない気がする



読了:令和5年12月7日



posted by 紫 at 22:52| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳サスペンス小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
読書感想ランキング