2023年04月03日

三つの棺 ジョン・ディクスン・カー:著

ギデオン・フェル博士もの


ネタバレしています
三つの棺.jpg




被害に遭うのは
シャルル・ヴェルネ・グリモー教授

加害者が逃げたのに
雪には足跡が残っていない

どこからどう逃げたのか

だいたいこんな場合は
被害者が犯人、
加害者がまだ中に残ってる
のどちらかだろうなと思いながら読んだ

物語の途中で
フェル博士が
自分らは探偵小説の登場人物なので
…と言い始め
密室についてこんなケースがと
話し始めるところがある

これ、まったく筋に関係ない

この中に真相は入ってない

しかも自分が小説の人物って
大丈夫か、この話lol



真相ネタバレ】

グリモーは若いとき
2人の弟たちと刑務所に収監されていた

3兄弟が脱獄するために
獄中で死んだことにして
それぞれ棺に入れられて外に出る

グリモーが助かり
弟たちを見捨てた

3番目の弟は死亡

2番目が脱出し、
ピエール・フレイと名乗る奇術師となり
グリモーに復讐を誓う

が、過去を知るフレイを
グリモーも殺したい

そのため
自分がフレイに命を狙われ
フレイは自死したというシナリオを描き
実行する

手違いで
瀕死のフレイが逃げ、
グリモー邸から離れた通りで死亡

慌てたグリモーも
撃たれてはいたが
頑張って邸に戻り
フレイが訪れた芝居をしたが
トリックに
大きくて重い鏡を使ったものだから
肺が破れて死に至った



読了:令和5年1月19日


三つの棺

posted by 紫 at 05:17| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳推理小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
読書感想ランキング