2022年10月30日

ミス・サイゴン 令和4年9月 梅田芸術劇場

席は
24列中央 上手寄り

梅芸では
何度もこの列で見ています

S席が見切れるのも
梅芸では慣れています

ですが
コレはアカン

斜め左客の座高で
舞台下手が全く見切れ、
遠いは、視界が狭いは
 小型テレビじゃないんですから

自力でチケット取りをすると
ろくなことがありません




ネタバレしています
※オペラ蝶々夫人のラストについても
 言及しています



ミス・サイゴン.jpg




ミュージカル
ミス・サイゴン

令和4年9月19日
月曜・祝日 12時公演

梅田芸術劇場


ミス・サイゴン JAPAN…ツイッター



脚本(以下、敬称略)】

 アラン・ブーブリル
   …ウィキペディア(英語)
 クロード=ミッシェル・シェーンベルク

   …ウィキペディア


演出】
 ローレンス・コナー


作詞】
 リチャード・モルトビー・ジュニア
   …ウィキペディア(英語)
 アラン・ブーブリル





1989年ウエストエンドで開幕し
1991年ブロードウェイに進出

日本では1992年初演

今回は30周年の記念公演


オペラ蝶々夫人
ベトナム戦争に置きかえられた本作

混乱に巻きこまれながら
心が痛むほどの愛とともに駆け抜けた
ミス・サイゴンこと
キムの物語





蝶々さんとキム】

ピンカートンのアメリカ人妻から
子どもを幸せにするからと言われ
子どもを渡して
自害する蝶々さん

キムは
自分からクリスの米人妻エレンに提案して
子どもを預け、
自死するので
心情的には違うと言えますが
行動は同じ

キムが自分を撃ったとき
音の大きさ、
蝶々夫人とここまで同じなんかという部分に
びっくりしました

でも
元ネタが蝶々夫人と知っていたので
キムが死んだことには
全く驚きませんでした

日本女性の蝶々さんが自害するのとは
違います

何があっても
タムを守り抜いてきたキムの自死

胸懐がわかりません

夫も息子もいなくなって
生きている意味がないと思ったのかなあ…



割り切ればいい】

スケールは大きくて
広がりを感じる物語でした

けれども
音も大きい

静かな
力強い
キムの生きるパワーを感じたいのに
みんな
とにかく必死のパッチの大声と
切迫した歌唱が多くて

ミス・サイゴン
ガチャガチャ、ゴチャゴチャしたものなんだ…



何のための混雑緩和】

規制退場でした

しかし、台風が接近していて
私も家を出るまで梅芸のサイトを確認していました

カーテンコールが終わって
規制退場のアナウンスがかかった途端、
台風が気になるエリアから来た人たちなのか
多くの人が扉に殺到しました

そのせいで
"ただいまロビーが大変混雑しており…"
とアナウンスが入り
声を出して笑ってしまいました

えっ、不謹慎ですか?
ここ、笑うとこですよね



席が遠いということ】

男女2人がベッドで寝ていて
男性がうなされて
隣の女性が心配している場面の
この男女が誰か分かりませんでした

多分、うなされたクリスと
米人妻のエレンだと思います

エレンらしき女性が
クリス…って名前を読んだような気はしますが
それも自信がありません

ナンなら
今もクリスとエレンだったのかどうか自体
自信がありません



ブイ・ドイ】

子どもが次々に映る映像が流れ
米兵らしき男性たちが歌う曲

ブイ・ドイ
とは、日本語の歌詞にも出て来る
ゴミクズのことだそうです

米軍人と現地女性の間に生まれた子を
米軍と戦ったベトナム北部の人は
そう呼んだと

1人のベトナム女性が
米軍人との愛の結晶である子どもを
米国に送り出すニュースを見たクロードが
書きあげたミス・サイゴン

たくさんのキムたちが
どんな思いで子を手放したのか

子どもたちは
父のもとで幸せになったのでしょうか



最も好きなシーン】

サイゴン陥落
ベトナム兵士たちが踊るところ

アクロバティックなダンスをする人もあり
曲もカッコいい!

プロモーションビデオ作ってくれー
と思います





昆夏美

 キム

事前番組で
昆ちゃんが
命をあげようを歌ってるのを見ました

最初は子どもっぽかったキムも
タムが出てきてから
強い女性になって

席が遠すぎて
今日のキムは誰だっけ、となり
声を聞いて確認した次第でしたが
イメージ通りのキムでした


グリブラ等のテレビでよく見かけるから
錯覚してましたが
昆ちゃん、これしか見てなかった💦

↓ ネタバレ






チョ・サンウン

 クリス

外国の人か

と思ったら
劇団四季にいた三雲肇くんでした
 いや、韓国出身で外国の人というのは合ってます

舞台を見るのは初めてで
迫力のある歌を聴かせてくれました

クリス、ひどいヤツだなあと思ったけど
エレンのセリフにもあったように
悩み苦しんで
前に進んだ結果の再婚だったんだなと
同情しました

ベトナム戦争は
帰国してさえも
人々を生きたまま地獄に叩き落したのでした





上野哲也

 ジョン

ブイ・ドイ
米人男性陣が歌ってる印象で
そのシーンはとても感動したのですが
帰宅して調べたら
ジョンの曲とのこと

ネットで
ブイ・ドイ運動の支援者だと紹介されてるのを見て
ジョンって大事な役なんだなと初めてわかりました

クリスの戦友
…くらいに思っていましたが
志のすばらしい人物ではありませんか!





松原凜子

 エレン

クリスの
ベトナム帰還兵としての苦悩は知っていて
寄り添ってきたけれど
クリスからすべてを聞かされ
バンコク入りしたとき
どんな気持ちだったのか

キムが乗りこんできたときも
クリスがキムと行ってしまったらどうしようと動揺し、
そうなったら受け入れようと考えます

心の動きはエレナの内心として
歌って聞かせてくれていました
 キムに声出して喋ったわけではありません

この人なら
タムを引き取って
タムの本当のお母さんのことをきちんと伝えて
まっすぐ育てられると思います





神田恭兵

 トゥイ

キムに迫るも
キムを助けようとしたクリスと
大もめ

権力者となってからの
容赦の無さやズルさ

毎回キムに拒絶され
最終的には
タムを見せられて
タムを殺そうとするトゥイ

そして
キムに撃たれて
死んでしまうトゥイ

キムの心が生んだのか
亡霊となって
死してもなおキムの前に現れるトゥイ

出演場面全てに
緊迫感を生み出しました

ミス・サイゴン
うま味をもたらす役でした


神田くんはいっちゃんの2つの舞台で観ているのですが
ほとんど記憶にない

↓ こちらは強い印象が残っています・ネタバレ






青山郁代

 ジジ

スタイルの良さは
遠目にもよく見えました

生きるために性を売りにしていましたが
心の中はつらくて淋しくて

キムをいじめたりする
嫌なヤツかと思いましたが
キムの結婚を心から喜んでいました

郁代ちゃんも
ミュージカル中心によく見ていますが
どれもアンサンブル的な扱いで
役名が付いていても
コレという印象が残りにくかった

ジジは
美しい肉体を持った
哀しい女性として
私の記憶に刻まれました

郁代ちゃん出演の舞台※ネタバレしています





上原琴葉

 タム

キムが抱っこしようとする前に
手を出しちゃって
カワイイ

カテコも
ステージ板に
頭頂部が着くかというくらい
深くお辞儀してました





アンサンブル】

有木真太郎

石毛美帆

伊藤広祥

今村洋一

伊宮理恵

植木達也

大久保徹哉

大津裕哉

大場陽介

岡本華奈

川島大典

小島亜莉沙

小林風花

齋藤信吾

島田連矢

鈴木満梨奈

仙名立宗
  …ツイッター

髙田実那

田中奏

春口凌芽

樋口祥久

広瀬斗史輝

深堀景介

古川隼大

松本悠作

萬谷法英

三浦優水香

宮野怜雄奈

村上貴亮

横田剛基

蘆川晶祥





市村正親

 エンジニア

キムのこと
金づるだと思ってたのかと

そしたら、ラスト
キムが自死して
クリスが泣き叫ぶとき
くず折れてました

情が移っていた

実は人情に篤い人だったのかも

カテコトークでは
大阪公演は
1つも中止になることなく
楽日を迎えられたことに触れ、
みんな淋しく1人でご飯食べて
それぞれ感染対策に取り組んだおかげだねと
出演者らを見渡して言ってました

魅せるエンジニアは
いっちゃんにうってつけの役でした

今回も
最高のいっちゃんを見ることができました










有名なヘリコプターの場面

ベトナムの人たち
なぜ、米軍のへりに群がっていたのですか?

どうしてもわからない

なんなんだ、あのシーンは…


posted by 紫 at 05:38| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 市村正親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
過去ログ
2023年01月(6)
2022年12月(10)
2022年11月(5)
2022年10月(7)
2022年09月(6)
2022年08月(6)
2022年07月(6)
2022年06月(7)
2022年05月(7)
2022年04月(6)
2022年03月(12)
2022年02月(5)
2022年01月(10)
2021年12月(8)
2021年11月(6)
2021年10月(8)
2021年09月(6)
2021年08月(5)
2021年07月(7)
2021年06月(7)
2021年05月(7)
2021年04月(8)
2021年03月(8)
2021年02月(5)
2021年01月(5)
2020年12月(10)
2020年11月(9)
2020年10月(8)
2020年09月(6)
2020年08月(8)
2020年07月(6)
2020年06月(8)
2020年05月(7)
2020年04月(5)
2020年03月(8)
2020年02月(8)
2020年01月(8)
2019年12月(9)
2019年11月(8)
2019年10月(7)
2019年09月(7)
2019年08月(9)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(9)
2019年03月(6)
2019年02月(5)
2019年01月(8)
2018年12月(11)
2018年11月(9)
2018年10月(6)
2018年09月(7)
2018年08月(8)
2018年07月(11)
2018年06月(17)
2018年05月(17)
2018年04月(11)
2018年03月(15)
2018年02月(12)
2018年01月(20)
2017年12月(25)
2017年11月(27)
2017年10月(25)
2017年09月(26)
2017年08月(25)
2017年07月(23)
2017年06月(24)
2017年05月(23)
2017年04月(20)
2017年03月(18)
2017年02月(17)
2017年01月(19)
2016年12月(23)
2016年11月(15)
2016年10月(22)
2016年09月(20)
2016年08月(15)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(7)
2016年04月(8)
2016年03月(12)
2016年02月(8)
2016年01月(6)
2015年12月(8)
2015年11月(8)
2015年10月(4)
2015年09月(7)
2015年08月(9)
2015年07月(14)
2015年06月(4)
2015年05月(14)
2015年04月(11)
2015年03月(21)
2015年02月(11)
2015年01月(4)
2014年12月(23)
2014年11月(11)
2014年10月(3)