2022年11月06日

彼と彼女の衝撃の瞬間 アリス・フィーニー:著

物語の中では
"彼"の章と
"彼女"と
そして
真犯人と思われる人物の章が
目まぐるしいほどに入れ替わる


※真犯人・真相に言及しています
彼と彼女の衝撃の瞬間.png





翻訳ものにしては珍しく
巻頭に登場人物のリストがなく、
意図的なのかもしれないが
あったとしても
特にストーリーの妨げにはならないと思ったが
まあ、なくても構わない

彼と彼女の視点で語られる内容が
食い違って
…などと裏表紙のあらすじに書かれているが
どこが?と最後まで分からない

彼=警察のジャックも
彼女=記者のアナも
どちらも真犯人だとしてもおかしくない運びは楽しかった

ジャックの女性部下も
アナの母親も
途中までのジャックの妹も
アナの同僚のカメラマン男性も
プリンシパルみんな怪しい感じがして
ラストで真犯人が分かったときに
コイツで落ち着いたかー
と思った

でも、真犯人は
物語終了後に
もう1人殺害する予定

匂わせておいて
そのものズバリを書き込んでいないのが
著者、お見事


母が娘を愛し、
娘が母を愛する話だった

読みながら
わが娘たちに思いを馳せたし
私の母のことを考えた




以下、真相のネタバレ

真犯人
アナの母

動機
アナを守るため



読了:令和4年5月28日

アリス・フィーニー
posted by 紫 at 05:52| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳推理小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
過去ログ
2023年01月(6)
2022年12月(10)
2022年11月(5)
2022年10月(7)
2022年09月(6)
2022年08月(6)
2022年07月(6)
2022年06月(7)
2022年05月(7)
2022年04月(6)
2022年03月(12)
2022年02月(5)
2022年01月(10)
2021年12月(8)
2021年11月(6)
2021年10月(8)
2021年09月(6)
2021年08月(5)
2021年07月(7)
2021年06月(7)
2021年05月(7)
2021年04月(8)
2021年03月(8)
2021年02月(5)
2021年01月(5)
2020年12月(10)
2020年11月(9)
2020年10月(8)
2020年09月(6)
2020年08月(8)
2020年07月(6)
2020年06月(8)
2020年05月(7)
2020年04月(5)
2020年03月(8)
2020年02月(8)
2020年01月(8)
2019年12月(9)
2019年11月(8)
2019年10月(7)
2019年09月(7)
2019年08月(9)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(9)
2019年03月(6)
2019年02月(5)
2019年01月(8)
2018年12月(11)
2018年11月(9)
2018年10月(6)
2018年09月(7)
2018年08月(8)
2018年07月(11)
2018年06月(17)
2018年05月(17)
2018年04月(11)
2018年03月(15)
2018年02月(12)
2018年01月(20)
2017年12月(25)
2017年11月(27)
2017年10月(25)
2017年09月(26)
2017年08月(25)
2017年07月(23)
2017年06月(24)
2017年05月(23)
2017年04月(20)
2017年03月(18)
2017年02月(17)
2017年01月(19)
2016年12月(23)
2016年11月(15)
2016年10月(22)
2016年09月(20)
2016年08月(15)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(7)
2016年04月(8)
2016年03月(12)
2016年02月(8)
2016年01月(6)
2015年12月(8)
2015年11月(8)
2015年10月(4)
2015年09月(7)
2015年08月(9)
2015年07月(14)
2015年06月(4)
2015年05月(14)
2015年04月(11)
2015年03月(21)
2015年02月(11)
2015年01月(4)
2014年12月(23)
2014年11月(11)
2014年10月(3)