2022年08月30日

ラ・カージュ・オ・フォール 令和4年4月 梅田芸術劇場

席は
5列 上手寄り

オーケストラボックス中央の
マエストロ塩田明弘さんが見切れました



ネタバレしています

ラ・カージュ・オ・フォール.jpg



ミュージカル
ラ・カージュ・オ・フォール
籠の中の道化たち


令和4(2022)年4月30日
土曜 12時公演

梅田芸術劇場…ツイッター

ラ・カージュ・オ・フォール …ツイッター



原作(以下、敬称略)
 ジャン・ポワレ …ウィキペディア(英語)




作詞・作曲
 ジェリー・ハーマン …ウィキペディア(英語)

脚本
 ハーヴェイ・ファイアスタイン …ウィキペディア




翻訳
 丹野郁弓

訳詞
 岩谷時子 …ウィキペディア
 滝弘太郎
 青井陽治 …ウィキペディア


演出
 山田和也





1973年にフランスでストレートプレイとして開幕し
ロングラン

1978年にはフランス・イタリア合作で映画化

1996年にハリウッドでもリメイクされた

やがてウエストエンドでミュージカル化され
以来ブロードウェーでもリバイバル

日本では1985年 初演

1993年から市村正親のザザ、
2008年より鹿賀丈史のジョルジュで
上演ごとに人気を博している






ショーのシーンが多くて
とにかく楽しい

カンカンガールズ1人ずつが
出て来るときにポージングして
そのつど拍手をしました

ショーが楽しいと感じることができたのは
カンカンガールズたちのおかげです

とても大変で
終わったとき
ハーハーな人もいました

そして
アンコールのカンカンガールズ

全員後ろ向きに
ラ・カージュのステージ衣装をさっと脱いで
男性のいでたちに戻ってアンコールというのが
粋な演出

最後まで
カンカンガールズには楽しませてもらいました





夫婦(ザザとジョルジュ)の愛はもちろん
親が子を愛することを強く感じる本作

ザザはジャン・ミッシェルの育ての親

ザザのジャン・ミッシェルへの愛に
見終わってから涙が出そうになりました






内海啓貴 …ツイッター

ジャン・ミッシェル


小南満佑子 …ツイッター

アンヌ


2人とも
愛らしくてかわいい

満佑子ちゃんは
バレエがとても優雅







マリー・ダンドン

夫 エドワールと共に
娘 アンヌが結婚したいという
ジャン・ミッシェルの家族に会いに来たとき
いっちゃんザザがアドリブかましてきました

モリクミさん、
このアドリブに耐えられず
思いっきり板の上で笑ってました

いっちゃんザザが
何度も
アドリブに笑うモリクミさんの顔を客席に向けてあげて
それを見て私たちも笑うという
おもしろい場面になりました






ザザ こと アルバン

カワイイ

子供のかわいらしさとは違って
大人の女性の愛らしさ

ジャン・ミッシェルの為に
オジサンの役をしなければならず
慣れない男性の格好で
なんとかオトコになっていましたが
その後ろ姿が
男性なのにザザなのです、
カワイイ

本来、ザザで客席降りだった筈が
ここまでなの
舞台から客席通路に出る階段の
1段しか降りられなかったいっちゃん
無念そうでした

またザザに会いたい






ジョルジュ



ハンナ


香寿たつき
 (ブログ)博多座終了

ジャクリーヌ


今井清隆

エドワール・ダンドン


附田政信

佐々木誠 …ツイッター

高木裕和 …ツイッター

松谷嵐 …ツイッター

渡辺崇人 …ツイッター

榎本成志 …ツイッター

丸山泰右 …ツイッター

鯨井未呼斗 …ツイッター

澤村亮 …ツイッター

出口栄一 …ツイッター

中川賢

齋藤信吾 …ツイッター


島田連矢 …ツイッター

瀬沼真幸

花井貴佑介

林アキラ

日比野啓一

園山晴子

山科諒馬 …ツイッター

りんたろう …ツイッター

岡久直哉

中島裕太

髙橋桂

多岐川装子

浅野実奈子

篠崎未伶雅








ジャン・ミッシェルって…

あんなに大きな愛情を注いでくれるザザを
アンヌやその両親に隠そうとして
なんか、見ていて
自己都合優先だなあと思いました

若者なんて、
いや、子供なんて
親に対してそんなものかもしれませんね
posted by 紫 at 05:28| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 市村正親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
過去ログ
2023年02月(1)
2023年01月(7)
2022年12月(10)
2022年11月(5)
2022年10月(7)
2022年09月(6)
2022年08月(6)
2022年07月(6)
2022年06月(7)
2022年05月(7)
2022年04月(6)
2022年03月(12)
2022年02月(5)
2022年01月(10)
2021年12月(8)
2021年11月(6)
2021年10月(8)
2021年09月(6)
2021年08月(5)
2021年07月(7)
2021年06月(7)
2021年05月(7)
2021年04月(8)
2021年03月(8)
2021年02月(5)
2021年01月(5)
2020年12月(10)
2020年11月(9)
2020年10月(8)
2020年09月(6)
2020年08月(8)
2020年07月(6)
2020年06月(8)
2020年05月(7)
2020年04月(5)
2020年03月(8)
2020年02月(8)
2020年01月(8)
2019年12月(9)
2019年11月(8)
2019年10月(7)
2019年09月(7)
2019年08月(9)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(9)
2019年03月(6)
2019年02月(5)
2019年01月(8)
2018年12月(11)
2018年11月(9)
2018年10月(6)
2018年09月(7)
2018年08月(8)
2018年07月(11)
2018年06月(17)
2018年05月(17)
2018年04月(11)
2018年03月(15)
2018年02月(12)
2018年01月(20)
2017年12月(25)
2017年11月(27)
2017年10月(25)
2017年09月(26)
2017年08月(25)
2017年07月(23)
2017年06月(24)
2017年05月(23)
2017年04月(20)
2017年03月(18)
2017年02月(17)
2017年01月(19)
2016年12月(23)
2016年11月(15)
2016年10月(22)
2016年09月(20)
2016年08月(15)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(7)
2016年04月(8)
2016年03月(12)
2016年02月(8)
2016年01月(6)
2015年12月(8)
2015年11月(8)
2015年10月(4)
2015年09月(7)
2015年08月(9)
2015年07月(14)
2015年06月(4)
2015年05月(14)
2015年04月(11)
2015年03月(21)
2015年02月(11)
2015年01月(4)
2014年12月(23)
2014年11月(11)