2022年07月17日

神州無頼街(劇団☆新感線) 令和4(2022)年3月初日 オリックス劇場

席は
15列中央

見切れません

それだけは、この小屋
すばらしい


ネタバレしています
神州無頼街.jpg
Photo by Juliana Barquero on Unsplash



2022年 劇団新感線 42周年興行・春公演

いのうえ歌舞伎
神州無頼街

令和4年3月17日
木曜 17時30分 公演

オリックス劇場


作(以下、敬称略)
 中島かずき

演出
 いのうえひでのり


クールな町医者 秋津永流と
ご陽気な口出し屋 草臥が
無頼の宿を取り仕切る身堂一家の秘密を探る

やがて
たどり着いた真相とは

コロナ禍で上演が叶わなかった
神州無頼街

ようやっと
大阪から幕開け





歌詞】

字幕で全て出ました

フォントやら
色使いやら
凝っていたので
それを追いかけるのも楽しかった

ただ、セリフもですが
歌詞が聴き取りにくかったので
字幕の遊びはソレとして
歌詞はちゃんと聞きたかったなと思います



カーテンコール】

何度もカテコがあり
ついに
規制退場を行います
…のアナウンス

私たちは諦めず
最後のカテコ要求

正味の
神州無頼街の初日です

お疲れのところ
カンパニーや小屋には申し訳ないですが
こんなに良かった!
というのを伝えたい





福士蒼汰

秋津永流

やっぱりカッコいい

どの衣装を着ても
スラっとしてます

秋津永流は
あまり感情をあらわにしませんが
蒼ちゃんのイメージピッタリの役に思います

凄く殺陣がうまい
 …わけでも
歌がうまい
 …わけでも
ありませんが
段々気にならなくなりました




宮野真守

草臥

さすがは声がいい

歌も
よく響きます

草臥は
人の情にあつく
弱いところもいっぱいある人ですが
そこもいいトコロ

マモのイメージにも通じます





髙嶋政宏

身堂蛇蝎

妻の麗波いのちっ!

麗波とのなれそめも
かなり強烈でした

蛇蝎のキャラは
自ら作り上げられたもので
本当の蛇蝎は違うんだろうなという気がします

髙嶋・兄は
舞台ではベガーズ・オペラでしか見たことないのですが
お目当てで見に行った役者たちを
凌駕してしまったほどの
印象の強さだった記憶が

その舞台・ネタバレ

色々な舞台に出ているので
絶対、また見るぞ!
と誓って
はや14年経った感じですね💦





松雪泰子

身堂麗波

これだけの色気と美しさ

文句なく
作られた女性に見えました

また、
元 狼蘭の男にも見えました

性格がだいぶ、
刺客で父親だったときとは違うなと思いましたが
蛇蝎との死闘を経てからの
蛇蝎の強い愛情を受け、
大きく変わってきたのかなと思えました

松雪泰子ちゃんは
五右衛門のシリーズで何回か見ています

初めて見たのはこれ・ネタバレ

このときから
色気と美しさは際立っていましたが
今作はさらに深淵を極めた色気と美しさでした





木村了

身堂凶介

新感線でも過去1回
蜉蝣峠で見ています

いまだに
忘れられない役でした

ネタバレ

凶介は
自分が何者かを思い出しても
そのまま凶介で生きていこうとします

ある意味
見習いたい部分かな

それにしても
今も
了くんは美しいですね





粟根まこと

風天千之介

あの人は粟ボンに似てるなと
ずっと1幕で思っていた人がいて

でもその人、
歌ったり踊ったりセリフ言ったりしてなくて

それが
2幕でセリフ言った途端
粟ボンでした、びっくり

カテコは粟ぼん、ソロで出てきました

今回の新感線、
古ちん君もじゅんさんも聖子ちゃんも出てなくて
 宝塚でいうと
 トップも組長もいなくて
 出演者の中で最上級生が挨拶する
 ドラマシティ公演みたいなもんでしょうか
  宝塚分かる人しかシックリこないたとえ💦
粟ボンが
劇団員の代表みたいなもんだったのかも





北川裕貴
 インスタグラム

駕籠かき
凶介手下
深陰童子頭 他


川島弘之

小政
狼蘭の男 他


要するに
蛇蝎と麗波の若いときを演じた
…と簡単に言えてしまいますが
川島くんツイートでは3分の出番であった
狼蘭の男と
童子頭の出会いは
本作、一番心を奪われました

シンプルに
相手を殺すことだけで存在していた
あの3分間は
蛇蝎と麗波の
これまでを物語るのに十分すぎるほどです

美しい存在の2人が
今の蛇蝎と麗波に繋がる

神州無頼街って
実は蛇蝎と麗波の愛の物語なんだと思います





清水葉月

身堂揚羽



右近健一

雲海百千代
※歌唱指導も



村木よし子

棺桶屋のお銑



山本カナコ

はらぼてお梅



河野まさと

薄影の卯之吉



吉田メタル

情無用の高壱



礒野慎吾

鍬殺しの又介



村木仁

鍋振り三兵衛



逆木圭一郎

お陀仏留蔵



中谷さとみ

つまぎ



保坂エマ

さざれ



川原正嗣

清水次郎長
※殺陣指導、アクション監督も



武田浩二

大政



インディ高橋

犬吠貫太
犬吠頓太
犬吠鎮太
※小道具も



藤家剛

為吉
凶介手下
揚羽子分 他


工藤孝裕

親分
ならず者 他



〇 貫太子分/頓太子分/深陰童子 他

菊地雄人

あきつ来野良



藤田修平

飛脚
凶介手下
深陰童子 他



下島一成

駕籠かき
凶介手下
深陰童子 他



鈴木智久

次郎長子分
ならず者
深陰童子 他



〇 次郎長子分/頓太子分/深陰童子 他

山﨑翔太

米花剛史



渡部又吁

次郎長子分
ならず者
深陰童子 他



小板奈央美

みじん
旅芸人
遊女
踊り子 他



後藤祐香

こくず
茶屋娘
遊女
踊り子 他



鈴木奈苗

おつた
料亭仲居
遊女踊り子 他



森加織

かずら
料亭仲居
子連れ女
踊り子 他








麗波、すなわち秋津永流の父

まだ帝を暗殺するミッションは続いていて
蛇蝎をも騙していた

というオチか
…と思いましたし
そのオチでも良かったかな
…と思いました

実際はそうならなかった

やっぱり
神州無頼街は
蛇蝎と麗波の
愛の物語だったのですね
posted by 紫 at 05:10| 大阪 ☁| Comment(0) | 劇団☆新感線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
過去ログ
2023年01月(6)
2022年12月(10)
2022年11月(5)
2022年10月(7)
2022年09月(6)
2022年08月(6)
2022年07月(6)
2022年06月(7)
2022年05月(7)
2022年04月(6)
2022年03月(12)
2022年02月(5)
2022年01月(10)
2021年12月(8)
2021年11月(6)
2021年10月(8)
2021年09月(6)
2021年08月(5)
2021年07月(7)
2021年06月(7)
2021年05月(7)
2021年04月(8)
2021年03月(8)
2021年02月(5)
2021年01月(5)
2020年12月(10)
2020年11月(9)
2020年10月(8)
2020年09月(6)
2020年08月(8)
2020年07月(6)
2020年06月(8)
2020年05月(7)
2020年04月(5)
2020年03月(8)
2020年02月(8)
2020年01月(8)
2019年12月(9)
2019年11月(8)
2019年10月(7)
2019年09月(7)
2019年08月(9)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(9)
2019年03月(6)
2019年02月(5)
2019年01月(8)
2018年12月(11)
2018年11月(9)
2018年10月(6)
2018年09月(7)
2018年08月(8)
2018年07月(11)
2018年06月(17)
2018年05月(17)
2018年04月(11)
2018年03月(15)
2018年02月(12)
2018年01月(20)
2017年12月(25)
2017年11月(27)
2017年10月(25)
2017年09月(26)
2017年08月(25)
2017年07月(23)
2017年06月(24)
2017年05月(23)
2017年04月(20)
2017年03月(18)
2017年02月(17)
2017年01月(19)
2016年12月(23)
2016年11月(15)
2016年10月(22)
2016年09月(20)
2016年08月(15)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(7)
2016年04月(8)
2016年03月(12)
2016年02月(8)
2016年01月(6)
2015年12月(8)
2015年11月(8)
2015年10月(4)
2015年09月(7)
2015年08月(9)
2015年07月(14)
2015年06月(4)
2015年05月(14)
2015年04月(11)
2015年03月(21)
2015年02月(11)
2015年01月(4)
2014年12月(23)
2014年11月(11)
2014年10月(3)