2022年06月28日

ロボット・イン・ザ・ガーデン(劇団四季) 令和4年3月 京都劇場

席は
C列上手

A列はなく
実質2列目

ただ、最前列の人の頭で
やっぱり見切れが多く出ました


ネタバレしています
ロボット・イン・ザ・ガーデン.jpg
Photo by Rene Paulesich on Unsplash



劇団四季ミュージカル
ロボット・イン・ザ・ガーデン

令和4年3月5日
土曜 13時公演

京都劇場

原作(以下、敬称略)

 デボラ・インストール…ツイッター
  「ロボット・イン・ザ・ガーデン」


台本・作詞

 長田育恵


演出

 小山ゆうな


振付

 松島勇気




両親を亡くしたベンは
仕事に生きる妻 エイミーとも
すれ違いの日々

そんなとき
壊れかけたロボット タングが
庭に現れた

タングを連れて
タングの修理をするため
旅にでかけたベン

ベンとタングの道中やいかに

そして
タングの秘密とは

劇団四季16年ぶりの
新作ミュージカル





タング】

俳優2人
 渡邊寛中
で操作

操作、というより
うぶかんコンビ
ちゃんと芝居しています

事前特番でも
かなり大変な様子がうかがわれました

タングの声はうぶちゃん担当ですが
2人で声を合わせて歌ったり
セリフを言う場面もありました


直近の舞台(ネタバレ)

生形理菜

 アンサンブルでしたね
  ジーザスCSSは
  アンサンブルは非常に重要です

渡邊寛中

 アリエルに淡い恋心を抱くフランダー
  かわいらしかった





エイミー】

直前にネットで
舞台の内容を調べたりしたときに
エイミー役の人がインタビューに答えているのを
幾つか読みました

私は
京都劇場直前情報なので
その人がエイミーをするのだろうと
勝手に決めつけて当日着席しました
 誰か、名前も覚えていませんでした

随分、エイミー役の人って
写真と違って、実物は
岡村美南(ウィキペディア)ちゃんに似てるんだな

と思って
帰宅

翌日
四季のメッセージが届いたら
昨日のエイミーは美南ちゃんと出てました

そっくりなはずや、
本人や~

しっかりしたエイミーは
実はいろいろな思いがあって
悩んで
夫 ベンが
どっちかというと
自分よりタングを選んだみたいな気になって

ラストは
ベンと分かりあって
タングとも打ち解けて

赤ちゃんも!

エイミーにとっても
いい終わり方でした


直近の舞台(ネタバレ)


 ドナは適齢期の娘がいる役
  もう、こんな役やるんや…
  と思ったものでした





ボリンジャー】

野中万寿夫(ウィキペディア)さん
歌が巧い!

タングが
初めてベンに会ったとき

オーガスト!

と言いました

ベン、8月のことだと思っていましたが
ボリンジャーのファーストネームのことでした
 ちなみに
 タングの本名はジェームズ

ボリンジャーが
タングを作った研究者でした

そして
ボリンジャーは危険な人でした

世界を破滅に導くほどの

ボリンジャーには
見ていて腹が立ったりしましたが
野中さんの歌、
ずっと聴いていたかった




カトウ】

ボリンジャーのもと
研究をして
日本に帰った日本人

小林唯(ウィキペディア)くんの
まじめな部分が
日本人らしくてピッタリです

彼もひときわ
歌が巧いですね

直近では
パリのアメリカ人(ネタバレ記事)で見ていますが
なんといっても、私にとっては
小林くんと言えば
ガンバの大冒険(ネタバレ記事)!

タメ口で上から目線的なガンバが
忘れられません





バイプレイヤー】

本城裕二

幾つかの役の中から
特に良かったなと思ったのが
島の漁師

ガハハハ…!
という笑い声がおもしろかった~

本城さん、
振り返ると私は
ジーザス・クライスト=スーパースターの
シモン以来やなと…





ベン】

メガネの似合う
山下啓太くん

のほほん…としてて

最初はエイミーもそういう所が好きだったろうに
いつまでも
のほほん…としてて
エイミーがイライラっとしてしまう

エイミーからすれば
ベンは
自分ではなくタングを選んだように思えたのかもしれませんが
ベンにそんな気は全くない

のほほん…としてて
でも、
タングを直すために
長い長い旅にでた
実は行動力のある人でした

山下啓太くんは、去年
The Bridge(ネタバレ記事)で見ました

The Bridgeは
コロナ禍で
不要不急と言われた演劇に対する
深い思いを込めた作品でした

大人数でもなく、
大規模な装置でもなかった

にも関わらず
迫力と圧は相当なものでした

そのメンバーの1人だった山下啓太くん

決して単純ではないベンを
うまく表現していました




リジー】

ベンとタングが
旅の途中でたどりつく
アメリカ・ヒューストンの
ロボット博士

カイルという
犬型のロボットと暮らしていて
本物のペットのように
かわいがっています

タングのことも
かわいがります

山崎遥香ちゃんも
去年の
The Bridgeの1人

日本に帰ったカトウに繋がる
重要な役回りを
魅力的に演じていました






ブライオニー】

ベンの姉で
エイミーの親友

性格も
私生活も
ベンとは正反対

夫 デイブとはラブラブ

ベンやエイミー、
亡くなった両親への愛情も豊か

辛い経験も経たブライオニーの
それらを受け流す生き方は
物語のスパイスになっていました

町真理子ちゃんも
美南ちゃんと同じ
マンマ・ミーア!で見ました

こちらは
生きることを謳歌した
ピッチピチ女の子 アリー役でした





コーリー】

ベンとタングを
リジーに繋いだ
カリフォルニアの研究員

カイサー・タティク(ウィキペディア)くんが
眼鏡で陽気なキャラを演じていました






デイブ】

ブライオニーの夫

パイロットですが
家では
ボーっとしたようなところもあります

長手慎介くんも
他の プリンシパル以外の出演者と同じく
他のシーンでのエキストラもしていました





ロジャー】

エイミーがベンと別れる決意

その隙間に入り込んだ
医師のロジャー

ベンにとっては
何一つ勝てない
ライバル

五十嵐春くんの
キザすぎず
誠実すぎずのロジャー
良かった

五十嵐春くんは
ジーザス・クライスト=スーパースターで
ジーザスの危機のときに
他人の振りをした💦
ペテロを演じているのを見ました




バイプレイヤー】

熊川剣一

菅本烈子





アンドロイドダンサー】

帶津翔太

塚田健人

渡邉寿宏

山田祐里子

古森麻由

軽部智子





この頃
このパターンが多い

松島勇気くんの
振付

本人の出演なし

見たいんですけどねえ

松島勇気くんの
ダンスと芝居
posted by 紫 at 05:26| 大阪 ☀| Comment(0) | 劇団四季 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
過去ログ
2023年01月(6)
2022年12月(10)
2022年11月(5)
2022年10月(7)
2022年09月(6)
2022年08月(6)
2022年07月(6)
2022年06月(7)
2022年05月(7)
2022年04月(6)
2022年03月(12)
2022年02月(5)
2022年01月(10)
2021年12月(8)
2021年11月(6)
2021年10月(8)
2021年09月(6)
2021年08月(5)
2021年07月(7)
2021年06月(7)
2021年05月(7)
2021年04月(8)
2021年03月(8)
2021年02月(5)
2021年01月(5)
2020年12月(10)
2020年11月(9)
2020年10月(8)
2020年09月(6)
2020年08月(8)
2020年07月(6)
2020年06月(8)
2020年05月(7)
2020年04月(5)
2020年03月(8)
2020年02月(8)
2020年01月(8)
2019年12月(9)
2019年11月(8)
2019年10月(7)
2019年09月(7)
2019年08月(9)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(9)
2019年03月(6)
2019年02月(5)
2019年01月(8)
2018年12月(11)
2018年11月(9)
2018年10月(6)
2018年09月(7)
2018年08月(8)
2018年07月(11)
2018年06月(17)
2018年05月(17)
2018年04月(11)
2018年03月(15)
2018年02月(12)
2018年01月(20)
2017年12月(25)
2017年11月(27)
2017年10月(25)
2017年09月(26)
2017年08月(25)
2017年07月(23)
2017年06月(24)
2017年05月(23)
2017年04月(20)
2017年03月(18)
2017年02月(17)
2017年01月(19)
2016年12月(23)
2016年11月(15)
2016年10月(22)
2016年09月(20)
2016年08月(15)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(7)
2016年04月(8)
2016年03月(12)
2016年02月(8)
2016年01月(6)
2015年12月(8)
2015年11月(8)
2015年10月(4)
2015年09月(7)
2015年08月(9)
2015年07月(14)
2015年06月(4)
2015年05月(14)
2015年04月(11)
2015年03月(21)
2015年02月(11)
2015年01月(4)
2014年12月(23)
2014年11月(11)
2014年10月(3)