2022年01月18日

アバランチ 渡部篤郎 ドラマ感想

令和3年10月18日~12月20日
月曜 22時
カンテレ系列

アバランチとは
"雪崩"の意味

ネタバレしています
アバランチ.jpg




大山健吾】

警察庁警備局長だった経歴があり、
現在は内閣官房副長官です

郷原栄作(利重剛)総理のことは
内心バカにしている様子

日本版CIAを立ち上げたいがために
警備局長時代に
テロを偽装し、
公安部の人間の命を奪いました

みんなを守るためには
犠牲やむなしという方向性の正義を持っています

いつもにこやかで
殆どの人に、部下を含めて敬語で話します

ですが
腹黒さが満開です

アバランチの標的は
大山ではないかと気づき
内閣情報調査室の桐島雄司(山中崇)が
大山に恨みを持つ者のリストを持参、
その多さに笑ってしまいましたが
大山も
「こんなに?」
と苦笑いしていました

ドラマの最後は
バカにしていた郷原総理が
アバランチメンバーの羽生誠一(綾野剛)の言葉を信じ
大山を更迭します

怒りの表情を出す瞬間もあって

でも、
大山はアバランチとの戦いに負けたことを認め
さわやかに去って行きました





アバランチ】

警察が逮捕できない人間を
ネット配信で世間に晒し
世論を動かすグループ

だと思って
痛快に感じましたが、
段々、大山つぶしだなと分かってきました

途中から
大山に逆転されたような展開になり
この辺りつまらなくて

アバランチのメンバーの
ウチさん事
打本鉄治(田中要次)が
爆弾を抱えて1人犠牲になるシーン
感動ものでしたね

アバランチメンバーは
強く心から繋がっていた
ステキなチームでした

羽生は
公安を辞めてから勤めていた工場の
社長の娘 和泉あかり(北香那)に、
ウチさんは
娘のさなえ(黒川智花)に、
西城英輔(福士蒼汰)は
大学の同窓生で大山の秘書をしている福本優美(堀田茜)に
身バレしていて
それも笑いました





郷原総理】

最終話までは
害のない
牙のない
おもしろみのない人に見えました

でも
やはり内閣総理大臣です

逮捕される羽生が
総理に何か渡そうとしていたのも
ちゃんと気づいていました

恐らく
以前、総理を誘拐したと思ったら
安全な場所で車から降ろした男だとも
思い出していたでしょう

また、
逮捕後の羽生の入院先で
羽生に対峙したとき
 国民の話を聴くのが総理の役目だからね
と言っていました

そして
更迭に憤って乗り込んできた大山に
 総理は、国民の声なんて聴かないもんだと思ってた?
と言い放ちました

郷原総理は
国民に寄り添い
正義のなんたるかを
ちゃんと分かった人でした





渡部篤郎】

特別出演の割には
第9話を除き
必ず出番がありました

歩く姿

横顔

斜めを向いたところ

手を後ろに組んで立つ
背中からの姿

どれもカッコいい悪役でした

アバランチのリーダーで
内閣情報調査室から左遷された
山守美智代(木村佳乃)に
 君か、アバランチを作ったのは
と聞く、その前の
間を保った芝居が
絶妙

3年前の偽装テロのあと
官房副長官に就任、
その挨拶もいけしゃあしゃあと
ウソの誠実さを振りまき
でも、それも魅力的に映りました

とことん悪いという面では
タイプは違いますが
中本慎之助に通じる気がします

また、
腹の中をのぞかせない
ある意味、騙す芝居の巧さでは
外事警察(ネタバレ記事)」の
住本健司を思い出しました

偽装テロのグルだと思われる
元公安で今は刑事部長の
戸倉和彦(手塚とおる)を
 私に報告してなかったのは…?
と、静かにとっちめるところは
コワイ

山守と
お茶でもと言って喫茶に誘い、
山守も
覚悟を持って従うという
アバランチに関しての心理的攻防戦のシーンでは
緊張感マックスとはいえ
私も渡部さんと
…もとい
大山と
お茶したいなと思いました





アバランチ
 …ツイッター

カンテレ
 …ツイッター
posted by 紫 at 05:08| 大阪 ☁| Comment(0) | 渡部篤郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
過去ログ
2023年01月(6)
2022年12月(10)
2022年11月(5)
2022年10月(7)
2022年09月(6)
2022年08月(6)
2022年07月(6)
2022年06月(7)
2022年05月(7)
2022年04月(6)
2022年03月(12)
2022年02月(5)
2022年01月(10)
2021年12月(8)
2021年11月(6)
2021年10月(8)
2021年09月(6)
2021年08月(5)
2021年07月(7)
2021年06月(7)
2021年05月(7)
2021年04月(8)
2021年03月(8)
2021年02月(5)
2021年01月(5)
2020年12月(10)
2020年11月(9)
2020年10月(8)
2020年09月(6)
2020年08月(8)
2020年07月(6)
2020年06月(8)
2020年05月(7)
2020年04月(5)
2020年03月(8)
2020年02月(8)
2020年01月(8)
2019年12月(9)
2019年11月(8)
2019年10月(7)
2019年09月(7)
2019年08月(9)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(9)
2019年03月(6)
2019年02月(5)
2019年01月(8)
2018年12月(11)
2018年11月(9)
2018年10月(6)
2018年09月(7)
2018年08月(8)
2018年07月(11)
2018年06月(17)
2018年05月(17)
2018年04月(11)
2018年03月(15)
2018年02月(12)
2018年01月(20)
2017年12月(25)
2017年11月(27)
2017年10月(25)
2017年09月(26)
2017年08月(25)
2017年07月(23)
2017年06月(24)
2017年05月(23)
2017年04月(20)
2017年03月(18)
2017年02月(17)
2017年01月(19)
2016年12月(23)
2016年11月(15)
2016年10月(22)
2016年09月(20)
2016年08月(15)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(7)
2016年04月(8)
2016年03月(12)
2016年02月(8)
2016年01月(6)
2015年12月(8)
2015年11月(8)
2015年10月(4)
2015年09月(7)
2015年08月(9)
2015年07月(14)
2015年06月(4)
2015年05月(14)
2015年04月(11)
2015年03月(21)
2015年02月(11)
2015年01月(4)
2014年12月(23)
2014年11月(11)
2014年10月(3)