2022年03月02日

はちどり 映画 一口感想

WOWOWで視聴



ネタバレしています
はちどり.jpg




勧められて観た映画だったため
申し訳ないが
いい感想が浮かばない


父親(チョン・インギ)に
ヒロイン(パク・ジフ)が敬語なので
最初、
義理の父かと思った


なぜ時代が1994年なのか
ずっと引っかかったが
実際に起きた
ソンス大橋崩落に
ヒロインの塾の先生(キム・セビョク)が
巻き込まれて
亡くなるオチにもってくるためだったとは

この塾セン役のキム・セビョクが
いい味出ている

最初の登場シーンから
この女優、いいなあ
惹かれるなあ
と思って見ていた


長々と
連ドラでやればいいような
それもクズと呼んでもいいような
エピソードを繰り出してきて

退屈はしないけれど
大事件も起こらず

最後まで
こんな事ばかり見せられるのかと
自分の限界を試されているような気分になったのは確か

タイトルが
なんで はちどり なのかも不明だし


ヒロイン、高校入試に合格したとか
そういう
ラストなの?

あのラストシーンは何なの


勧めてくれた人には
キム・セビョクだけ褒めておこう





視聴完了:令和3年9月14日


はちどり(映画)
 …ウィキペディア


WOWOW映画




posted by 紫 at 05:54| 大阪 ☔| Comment(0) | カウチポテト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
読書感想ランキング