2022年01月14日

ホテル ビーナス 市村正親 出演映画

WOWOWで視聴


ネタバレしています
ホテル ビーナス.jpg
Photo by The Humantra on Unsplash


草彅剛くんが
チョナン・カンという
韓国人キャラで活動していたわけだけれど
その子を主人公にした映画

全編、
韓国語で進められる

ホテルビーナスは
ビーナス(市村正親)という
トランスジェンダーの人物が運営していて
流石はいっちゃん、
肩杖で歩く姿も
話し方、仕草も
しなやかで美しい



母親(笛木優子)が亡くなった原因が
ガイ(パク・ジョンウ)だと分かっているサイ(コ・ドヒ)は
誰にも心を閉ざしていた

チョナンは
日本で恋人(金子りずむ)と暮らそうとしたが
日本に着いた途端
クスリをやっているドライバーの車にはねられ
恋人の父(伊武雅刀)から
お前のせいで娘は死んだといわれ、
あのとき
自分も死んでいれば良かったと思い続けていた


ドクター(香川照之)は
10年前に
自分のせいで患者の足に障害を負わせたと感じ
酒浸りの毎日

ドクターのせいじゃないのにね
と、ビーナスが話していたから
これはビーナスのことなのだなと分かる

ワイフ(中谷美紀)は看護師をやめ
ホステスになり
毎日ドクターをののしる

ボウイ(イ・ジュンギ)は10年前
子供(子役・にしやまりく)の頃に
ホテルビーナスに来るも
母親に置いてきぼりを食らい
強くならなければと
ピストルを手に入れていた

ガイがピストルを取り上げようとし、
もみ合った拍子に
サイの足を撃ってしまう

そして
ホテルにいた花屋のソーダ(チョ・ウンジ)が
花屋のオーナー(松尾貴史)にお金をもらって
麻薬の運び屋もしていたことで
チョナンになじられ
チョナンから
恋人がなぜ亡くなった聞かされて
ホテルを出て行った


終始モノクロだが
ガイが逮捕され、
サイがガイと心を通わせたシーンから
カラーになる

カラーになった一発目のシーンが
チョナンと恋人父の
一緒に墓を参る場面

ドクターもワイフも
また、医師と看護師に戻る

ソーダが
どこかの家の庭で
花卉の世話をしながら微笑んでいる

ガイ(クレジットとヘルメットで顔が見えない)らしき男性が
労働している

そして
ビーナス

呼びかけに答えない

眠ってるだけ
…とは観客は誰も思わないだろう

人はいつか死ぬ

それまでの人生を
それぞれが生きていく

ビーナスのラストの姿を見て
ふと
そんな風に考えた


視聴完了:令和3年9月5日




ホテル ビーナス
 …ウィキペディア

WOWOW映画
 …ツイッター


posted by 紫 at 05:26| 大阪 ☁| Comment(0) | 市村正親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
過去ログ
2022年05月(4)
2022年04月(6)
2022年03月(12)
2022年02月(5)
2022年01月(10)
2021年12月(8)
2021年11月(6)
2021年10月(8)
2021年09月(6)
2021年08月(5)
2021年07月(7)
2021年06月(7)
2021年05月(7)
2021年04月(8)
2021年03月(8)
2021年02月(5)
2021年01月(5)
2020年12月(10)
2020年11月(9)
2020年10月(8)
2020年09月(6)
2020年08月(8)
2020年07月(6)
2020年06月(8)
2020年05月(7)
2020年04月(5)
2020年03月(8)
2020年02月(8)
2020年01月(8)
2019年12月(9)
2019年11月(8)
2019年10月(7)
2019年09月(7)
2019年08月(9)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(9)
2019年03月(6)
2019年02月(5)
2019年01月(8)
2018年12月(11)
2018年11月(9)
2018年10月(6)
2018年09月(7)
2018年08月(8)
2018年07月(11)
2018年06月(17)
2018年05月(17)
2018年04月(11)
2018年03月(15)
2018年02月(12)
2018年01月(20)
2017年12月(25)
2017年11月(27)
2017年10月(25)
2017年09月(26)
2017年08月(25)
2017年07月(23)
2017年06月(24)
2017年05月(23)
2017年04月(20)
2017年03月(18)
2017年02月(17)
2017年01月(19)
2016年12月(23)
2016年11月(15)
2016年10月(22)
2016年09月(20)
2016年08月(15)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(7)
2016年04月(8)
2016年03月(12)
2016年02月(8)
2016年01月(6)
2015年12月(8)
2015年11月(8)
2015年10月(4)
2015年09月(7)
2015年08月(9)
2015年07月(14)
2015年06月(4)
2015年05月(14)
2015年04月(11)
2015年03月(21)
2015年02月(11)
2015年01月(4)
2014年12月(23)
2014年11月(11)
2014年10月(3)
2014年09月(6)
2014年08月(3)
2014年07月(8)
2014年06月(6)
2014年05月(24)
2014年04月(14)
2014年03月(6)
2014年02月(7)