2020年12月07日

生きる 令和2年11月 初日 兵庫県立芸術文化センター 

席は
Y列上手寄り

自分でチケットをちぎって
所定のケースに入れる
近ごろ噂の
入場処理を行いました

席も一つ飛ばし

ツレ同士でも
間の席は飛ばしになっていました

客は満席に対する50%
といったところでした



ネタバレしています
生きる.jpg




ミュージカル
生きる
 …ツイッター

令和2(2020)年11月13日
金曜 18時公演

兵庫県立芸術文化センター…ツイッター
KOBELCO大ホール





脚本】
 高橋知伽江
  …ウィキペディア


演出】
 宮本亞門
  …ウィキペディア


黒澤明監督の映画「生きる(ウィキペディア)」が
平成30(2018)年に
ミュージカル化

今回は関西初上陸



1幕と2幕は
それぞれ1時間

幕間は30分でした

実にして2時間の舞台でしたが
終幕時には
1幕も2幕も1時間だったから、
かどうか
なんとなく
早く終わったなという印象が残りました





余命いくばくもない人が
最後に頑張って
観客が感動する話
…と勝手に想像していましたが
親子の物語だったのですね

舞台のポスターで
Wキャストの渡辺勘治2人が写っていますが
その背景が
ローマ数字の時計

この時計が
渡辺勘治の勤務する役所の場面で
壁面に表されています

場面ごとに
時間も変わります

渡辺勘治が
超勤をしてる場面で、
この時計の音でしょうか

ドーーーン!
ドーーーン!
音楽にあわせ
不気味で大きな音が何度もして

そして
渡辺勘治の葬儀に転換

あの音で
渡辺勘治が
亡くなったことを
表していました




スタンディングオベーションは
コロナ禍ではしてはいけないと言ってる舞台が
あったような気はしましたが
前の方の人々が
カーテンコール2回目で立ったので
えいっ!
と私も立ち、
何度もカテコ要求の拍手をしました

久しぶりの拍手だったからか
帰りの電車で
全身にだるさを感じるほどでした





村井良大…ツイッター
渡辺光男

父の勘治とも妻の一枝とも
意見が食い違うと、
うまく折り合いをつけることができない

あの時代の男の子の宿命というか
未熟で若い部分を
うまく体現させていました



新納慎也…ツイッター
小説家

狂言回しともいえる役でした

渡辺勘治の嘆願を聞かない助役と
反社会勢力とのつながりの場面を
写真に撮って、
公園を建設しなければ
記事にするぞと
この小説家が脅したことが
公園建設の近道になりましたし

渡辺勘治の最期の姿や
渡辺勘治の公園建設への思いを
葬儀の席から光男を引っ張り出して
渡辺勘治の悲願の公園に連れて行って伝えるという
劇的な行動に出ましたし

新納くんは兵庫出身だから
お身内とか
地元の友達とか
見に来てはったのではないでしょうか

まっすぐな歌い方、
小説家という役に合っていました



May'n
小田切とよ

ブログ

しっかり者でポジティブな
とよ

May'nちゃんの
ストレートな感情表現が
ステキでした



唯月ふうか
同居が当たり前の時代でしたが
核家族化する頃でもあり、
光男に向かって
私とお父さん、どっちが大事なのと
問い詰めてしまう

現代にも通じる妻でしたね

お腹に赤ちゃんがいるから
母は強し、だったのかも

ふうちゃんの
張りのある声、好き



助役

ミュージカルですので
もちろん
みんな歌うんです、
その通り

しかし、
あつしさんが
憎たらしい助役になりきって歌うとは!





渡辺勘治

気持ちが高ぶった場面も
大きな声でもなく
感情を揺さぶり過ぎず、
渡辺勘治として
セーブして歌う様子は
さすが

オーラと個性の
強い
いっちゃんなのに
しょぼくれたような日常を
リアルに演じていました

どのミュージカルにも
初老の男性は出て来ますよね、
全部いっちゃんでお願いしたいなあ

助役を追いかけまわして
 そこをなんとか…
と公園建設の話を進めて貰おうとする渡辺勘治ですが
例の、反社会勢力と密会してるお座敷のふすまが開いて
 そこをなんとか…
と渡辺勘治が出てきたとき
思いっきり笑ってしまいました

いっちゃんと言えば
カテコがおもしろいのですが
今回はトークはなし、
コロナのせいかな

その代わり
バイバイと手を振ったあと
その腕を回転させたり、
突き出して空手のような構えをしてみたり

最後まで
エンターテイナーでした




その他の出演】


川口竜也…ツイッター

佐藤誓

重田千穂子…ツイッター

治田敦

林アキラ
 ブログ 「生きる」兵庫へ

松原剛志…ツイッター

上野聖太…ツイッター

鎌田誠樹…ツイッター

砂塚健斗…ツイッター

高木裕和…ツイッター

福山康平…ツイッター

飯野めぐみ

あべこ…ツイッター 

彩橋みゆ…ツイッター

五十嵐可絵…ツイッター

石井亜早実…ツイッター

河合篤子

中西彩加…ツイッター

竹内真里…ツイッター

高橋勝典

市川喬之





コロナの影響で
2月のミュージカルから
ずっと劇場に行けない日々が続きました


↓ その2月のミュージカルはこれです



生きる には
派手さはありません

ですが
私にとっては
再開後の第1号に
ふさわしい舞台でした
posted by 紫 at 05:01| 大阪 ☀| Comment(0) | 市村正親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
過去ログ
2021年04月(6)
2021年03月(8)
2021年02月(5)
2021年01月(5)
2020年12月(10)
2020年11月(9)
2020年10月(8)
2020年09月(6)
2020年08月(8)
2020年07月(6)
2020年06月(8)
2020年05月(7)
2020年04月(5)
2020年03月(8)
2020年02月(8)
2020年01月(8)
2019年12月(9)
2019年11月(8)
2019年10月(7)
2019年09月(7)
2019年08月(9)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(9)
2019年03月(6)
2019年02月(5)
2019年01月(8)
2018年12月(11)
2018年11月(9)
2018年10月(6)
2018年09月(7)
2018年08月(8)
2018年07月(11)
2018年06月(17)
2018年05月(17)
2018年04月(11)
2018年03月(15)
2018年02月(12)
2018年01月(20)
2017年12月(25)
2017年11月(27)
2017年10月(25)
2017年09月(26)
2017年08月(25)
2017年07月(23)
2017年06月(24)
2017年05月(23)
2017年04月(20)
2017年03月(18)
2017年02月(17)
2017年01月(19)
2016年12月(23)
2016年11月(15)
2016年10月(22)
2016年09月(20)
2016年08月(15)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(7)
2016年04月(8)
2016年03月(12)
2016年02月(8)
2016年01月(6)
2015年12月(8)
2015年11月(8)
2015年10月(4)
2015年09月(7)
2015年08月(9)
2015年07月(14)
2015年06月(4)
2015年05月(14)
2015年04月(11)
2015年03月(21)
2015年02月(11)
2015年01月(4)
2014年12月(23)
2014年11月(11)
2014年10月(3)
2014年09月(6)
2014年08月(3)
2014年07月(8)
2014年06月(6)
2014年05月(24)
2014年04月(14)
2014年03月(6)
2014年02月(7)
2014年01月(10)
2013年12月(16)
2013年11月(11)
2013年10月(11)
2013年09月(21)
2013年08月(23)
2013年07月(31)
2013年06月(33)
2013年05月(29)
2013年04月(35)
2013年03月(36)
2013年02月(33)
2013年01月(33)