2019年02月08日

真夜中にささやく唇 ノーラ・ロバーツ:著

人気女性ラジオDJシーラ

番組に脅迫者から
頻繁に電話がかかる


ネタバレしています
真夜中にささやく唇.jpg




脅迫されるネタに
身に覚えのないシーラを
警察、ラジオ局の面々、学部生の妹デボラが
守ろうとする

特にラジオ局の人ら以外は
犯人らしき人物が出てこないので
ラジオ局に脅迫者がいるのかと思いながら読み進めた

警護と犯人逮捕に頑張る警官ボイドとの
段々進行する信頼関係と恋愛感情より
ボイドのパートナーで
やはりシーラを守る女性警官アルシアとの
育まれていく友情の方が
私には好みだなあ

それと
犯人逮捕後のラジオ局の人々の
シーラを大切だと思う気持ちにも
プチ感動を貰えた

それにしても
DJといえば
ラジオのみだったこの時代が懐かしいなあ


読了:平成30年12月12月日




posted by 紫 at 05:55| 大阪 ☀| Comment(0) | 翻訳サスペンス小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
読書感想ランキング