2018年04月10日

ラ・ラ・ランド ミュージカル映画 一口感想

WOWOWで視聴

ネタバレしています


ピアノ.jpg


ミュージカルが大好きでジャズも好きな私には
満足な作品だった

ジョン・レジェンドが出できたところは
テンションがマックスになってしまった

主人公役のライアン・ゴズリングが
役になりきってピアノを弾いてて
うっとりする

ヒロイン役のエマ・ストーンが
オーディション受けてる場面は
楽しかった

あなたがいなくて
何が夢の成功よ

ヒロインの「あなた」は
可愛い娘と
愛する夫やな、
切ないラストやった

それにしても
ミュージカル嫌いの人々の多いわが国で
なんでこの映画がこんなに受けたのか分からないが
負け犬カップルのバッドエンドが
日本人好みだったのかなと思う


視聴完了:平成30年4月8日





posted by 紫 at 06:40| 大阪 ☀| Comment(0) | 音楽映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
読書感想ランキング