2018年04月05日

マッド・ナース ホラー映画 一口感想

ザ・シネマで視聴

ネタバレしています


毒のイメージ.jpg


マッド・ナース(パス・デ・ラ・ウエルタ)目線で
話が進んで行くが
途中から
彼女が目を付けた
新人ナース(カトリーナ・ボウデン)主体に引っ張られ
マッド・ナースの仕業が新人のせいにされて
冤罪ケース嫌いな私はイライラした

マッド・ナースがターゲットにするのは
"結婚しているのに浮気をする男"なので
ラストはそれを再認識させてくれて
また、私の中で視点がマッド・ナースにシフトした

それにしても
手術中のオペ室に
マッド・ナースと新人が乱闘で入って
そのあおりで
手術中の患者が落っこちた、あれには笑った

医師や看護師や患者がマッドなのは
病院物あまたあるが
手術中に、っていうこういったシーンは見た事ない


視聴完了:平成30年4月1日





posted by 紫 at 08:27| 大阪 ☀| Comment(0) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
読書感想ランキング