2018年03月13日

ラスト/ナイト ホラー映画 一口感想

WOWOWで視聴

ネタバレしています


携帯電話.jpg



ゾンビホラーの形を借りた
心理もの

ヒロイン(アイリーン・プランディ)が
拘束された状態で目覚める冒頭から
携帯でのやり取りで少しずつ明らかになる謎、
噛まれてからのヒロインの行動、
そしてラストまでが
凄すぎる

見ているこちらも
記憶がないヒロインと共に
パニックになったり
酷い奴になったり
罪悪感を持ったり
達観したりを経験できる

最後の
ヒロインのゾンビになってからの絵面の要否を少し考えたが
アレをオチに持ってきたことで
なんとも言えない無常観が増幅されて
作り手側が観客に味わわせたかった感情がこれなら
あって良かったと勝手に納得した

噛まれたヒロインが
ゾンビに襲われないシーンは
悲喜劇やな、
哀しいのに笑ってしまった

ところで
ヒロインは自分のこともよく覚えておらず
私はひたすら
ヒロインを襲った女性(ヴァレンティーナ・フェランテ)が実は博士で
自分が博士を襲った方だった!
という展開になるのかなと
終盤、ヒロインが
自分が映った動画を見るシーンまで
期待して見てたのだが
そうはならなかったな、
別に要らんけどそんなひねり
ただ、ずっとそう思って見てたことだけ
個人的に記録しときたい


視聴完了:平成30年3月11日







posted by 紫 at 22:13| 大阪 ☀| Comment(0) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
過去ログ
2021年04月(2)
2021年03月(8)
2021年02月(5)
2021年01月(5)
2020年12月(10)
2020年11月(9)
2020年10月(8)
2020年09月(6)
2020年08月(8)
2020年07月(6)
2020年06月(8)
2020年05月(7)
2020年04月(5)
2020年03月(8)
2020年02月(8)
2020年01月(8)
2019年12月(9)
2019年11月(8)
2019年10月(7)
2019年09月(7)
2019年08月(9)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(9)
2019年03月(6)
2019年02月(5)
2019年01月(8)
2018年12月(11)
2018年11月(9)
2018年10月(6)
2018年09月(7)
2018年08月(8)
2018年07月(11)
2018年06月(17)
2018年05月(17)
2018年04月(11)
2018年03月(15)
2018年02月(12)
2018年01月(20)
2017年12月(25)
2017年11月(27)
2017年10月(25)
2017年09月(26)
2017年08月(25)
2017年07月(23)
2017年06月(24)
2017年05月(23)
2017年04月(20)
2017年03月(18)
2017年02月(17)
2017年01月(19)
2016年12月(23)
2016年11月(15)
2016年10月(22)
2016年09月(20)
2016年08月(15)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(7)
2016年04月(8)
2016年03月(12)
2016年02月(8)
2016年01月(6)
2015年12月(8)
2015年11月(8)
2015年10月(4)
2015年09月(7)
2015年08月(9)
2015年07月(14)
2015年06月(4)
2015年05月(14)
2015年04月(11)
2015年03月(21)
2015年02月(11)
2015年01月(4)
2014年12月(23)
2014年11月(11)
2014年10月(3)
2014年09月(6)
2014年08月(3)
2014年07月(8)
2014年06月(6)
2014年05月(24)
2014年04月(14)
2014年03月(6)
2014年02月(7)
2014年01月(10)
2013年12月(16)
2013年11月(11)
2013年10月(11)
2013年09月(21)
2013年08月(23)
2013年07月(31)
2013年06月(33)
2013年05月(29)
2013年04月(35)
2013年03月(36)
2013年02月(33)
2013年01月(33)