2018年01月24日

悪魔の棲む家(2005) ホラー映画 一口感想

ザ・シネマで視聴

ネタバレしています


インディアン.jpg



実話ベースにした本の映画化を
2005年にリメイクしたもの

↓ 実話ベースにした本の映画化をみた感想

悪魔の棲む家 ホラー映画 一口感想


オリジナルで展開は読めていたが
事前にはっきり知ってたのは
オリジナルで助かる犬が
今作では殺されるところくらい

心理的に攻めていたオリジナルと違って
視覚的な現代流行の脅かしホラーにしてあった

事件の起こった深夜3時15分に焦点を絞った所も
オリジナルとは違う点で
いい切り口に感じた

呪われた家になった原因も
オリジナルでは不明、
それを
残忍シーンてんこ盛りで説明してくれて
あれはあれでホラーファンとしてはアリかなと思う

神父のシーンが今作ではほとんどなし

オリジナルの
神父の場面の数々やシチュエーションが好きだっただけに
個人的に残念

それと、繰り返しになるが
飼い犬が死ぬのも残念

オリジナルのネタバレして申し訳ないが
逃げ出すときに
夫がわざわざ犬を助けに家にもどるという
このシーンも好きだっただけに
ホンマに残念


視聴完了:平成29年12月30日




posted by 紫 at 06:33| 大阪 ☀| Comment(0) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
読書感想ランキング