2010年09月15日

月刊コント創刊1周年増刊号(京橋プレミア) H22年7月京橋花月

席はB列下手寄り

💡 ネタバレご注意

京橋プレミア
久馬歩編集

月刊コント 創刊1周年増刊号
平成22年7月29日夜席
京橋花月

ザ・プラン9(以下、敬称略)
恋愛小説家
インスタントジョンソン
後藤秀樹
野性爆弾
水玉れっぷう隊
キュートン
世界のナベアツ
ザ・ギース
バッファロー吾郎

昨年の増刊号同様、一部、仲入り、二部という構成でした

京花での月刊コントは今回でラスト、次回からは東京に移るとの事で、最後と覚悟して?見にいきました

[E:happy02]

恋愛小説家
 西野のツイッター

@ 新幹線のプラットフォーム

テレビで見た事のあるコントでした

それでも、序盤、中盤、そしてオチまで笑えました

[E:happy02]

インスタントジョンソン
 じゃいのツイッター

@ カラオケボックス

今回の全出演者で恐らく、最も爆笑を掠っていたと思います

三人の役割がはっきりしていて、ネタも確りしてます

[E:happy02]

後藤秀樹

@ 公園的な場所

会社都合で離職した求職者の役、巧いですわ~ ← 褒めてます[E:sweat01]

月刊コントは、それぞれの独立したコントを、関連するスキットで繋いで、全体で1つのものにする形式を取っています

秀樹さんのコントの後の繋ぎコントは、久馬さんが通りかかった体で登場して、おお、シェイクダウン

M-1取ったら1000万円貰える、と言う会話があり、ちょっと今やってみましょかという流れ

もしかして、シェイクダウンの漫才が見られるか?と期待させますよね

オチは、久馬さんらしいなあ、結局サンパチマイクの前に近付くも、漫才はじゃまが入ってできませんでした、っていう感じ

[E:happy02]

野性爆弾
 ロッシーのツイッター
 
くぅちゃんのツイッター

@ 旅館

相変わらず、ヤバク節炸裂のコント

うめだ花月が無くなってから、爆弾コントを見る機会もなく、要するに何年ぶりかに見たので、ホンマに面白かった

今では、すっかり東京発の芸人になってしまって、少し寂しい…
 
[E:happy02]

水玉れっぷう隊
 アキのツイッター

コントも完成度、高い

二人とも歌もダンスも、芝居もいけるので、ミュージカルとかもできそうです

[E:happy02]

キュートン
 くまだまさしのツイッター
 増谷キートンのツイッター
 坂本雅仁のツイッター
 高橋邦彦のツイッター
 しんじのツイッター

@ 町娘の家?

ネタ登場時に、ほぼ一人ずつ、本日はお越し頂きましてと言う挨拶を丁寧にしてました

ネタがネタだけに、きちんと挨拶しているのは一種のファーストボケでしょう

WAHAHA本舗みたいのだったらどうしようかとドキドキしましたが、かなり緩やかなネタで、ちょっとホットしました[E:sweat01]

[E:happy02]

世界のナベアツ ツイッター

@ 道場

サックス吹きたいだけちゃうの、というネタでした

エンディング・トークの時、ナベアツさん実際にサックス吹きたかっただけと言うてました

[E:happy02]

ザ・ギース

@ 不条理に場所が変わる

こちらもテレビで見たネタでしたが、いやあ、オチまで見たくなるコントです

アッシュ&Dの人達は芝居のようなコントをする芸人が多いですね

[E:happy02]

バッファロー吾郎

@ 大学

バッファローワールドも健在

全国区になって、万人ウケするネタをし出したのかと勝手に想像していたので、大変嬉しい

ああ、馬鹿馬鹿しかった

[E:happy02]

ザ・プラン9
 浅越ゴエのツイッター
 ヤナギブソンのツイッター

@ 手品ショーと誘拐犯のアジト
 

芝居もんとか本公演と錯覚して、コント終わりにもう終わり?って驚いて、自分で苦笑しました

こういう設定で、芝居もんでありましたよね

浅越さんのマジマジックって言い方、コジマジックにめっちゃ似ていて、笑ってしまいました、イントネーションまで一緒って[E:sweat01]

[E:happy02]

エンディング・トークでは、月刊コント、大阪で年に数回は遣りたいように久馬さんが発言していました

いいですねえ、もう見られないかと思っていましたからね

本公演もねたツアーも、何か不定期になってしまってるので、何でもいいから大阪でお願いします…

 にほんブログ村 トラコミュ お笑いライブへ
お笑いライブ

 

posted by 紫 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ザ・プラン9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
読書感想ランキング