2008年07月18日

スイッチ(鈴木つかさ・奈須崇) H20年7月初日 うめだ花月

鈴木つかさ・奈須崇 旗揚げ公演VOL.1 スイッチ

20年7月12日ソワレ

うめだ花月 B列中央上手寄り

脚本(以下、敬称略)
 奈須崇


演出
 鈴木つかさ


出演
 鈴木つかさ
 奈須崇
 りあるキッズ長田融季
 span!
  マコト 
  水本健一
 石田剛太(ヨーロッパ企画)
 土佐和成(ヨーロッパ企画)

[E:shine]

奈須崇くんのblog より

スイッチの稽古場1。2008年06月26日

スイッチの稽古場2。2008年06月30日

スイッチの稽古場4。2008年07月04日

スイッチの稽古場5。2008年07月06日

スイッチの稽古場6。2008年07月09日

僕と7人の守護天使たち。2008年07月11日

スイッチの初日。2008年07月13日

[E:shine]

鈴木つかささんのblog 一文笛 より

さぁさぁ[E:sign01]2008年6月26日

違和感のある2人パートⅢ2008年7月 9日

ありがとうございました! 2008年7月15日

 

 

[E:shine]

長田融季くんのblog 天満いたち より

真夜中クッキング2008年7月 3日

泣けてしまう2008年7月 9日

見て下さい2008年7月11日

大好きな人と2008年7月12日

最高な1日2008年7月13日

[E:shine]

マコトくんのblog ハナシノビテモメンノビズ より

スイッチ終了〜2008年7月14日

 

 

 

 

 

 

 

 

[E:shine]

極道の世界から足を洗いたい鈴木さんとゆうき君

組長に指定された第三倉庫には、恐らく落とし前を付けるべく、ヒットマンが待ってるだろうと思われます

此処がね、少し引っかかるのです
 
極道が落とし前を付けると言ったら、手の小指を詰める的な事じゃないんですか
 
何で外国のヒットマンなんやろう、今の極道はそうなんやろか…

又、鈴木・ゆうき両者共が極道に見えないのも最後まで引っかかった事です

でも、二人のお互いを思う気持ち、兄貴が逃げへんなら俺も逃げへんと言う弟分、お前は逃げろと言い続ける兄貴分の姿は、ベタかも知れませんが、胸打たれますよ~

 

 

[E:shine]

第三倉庫にはややこしい事に、同人誌に漫画を描いている奈須君・石田君・みっずんのコスプレのオフ会も開かれていて、よく似た第二倉庫にはヒットマン的な土佐君とオタク九州支部のマコっちゃんが出会ってしまうし、2つグループが交錯します

そして、極道もオタクも、スイッチを押して自分を変えたいという共通点が有ったりしてました

[E:shine]

鈴木演出特有の、一人ずつが紹介されるオープニング

ゆうき君の時は名前が、とちられてマコっちゃんのになっていました

マコっちゃんの時も、勿論マコトと出て、ゆうき君の紹介が無い侭になりました

[E:shine]

ヨーロッパ企画の二人と奈須君は流石

石田君はほんまにオタク、土佐君は正体がはっきりするまではヒットマンかと思わせる何となくの不気味さが出ていました

奈須君は、随分お肉が付いてきましたな…じゃなくって、内容に重みの有る台詞が多くて、彼のキャラと共に心に響きました

 

[E:shine]

組長の言う落とし前とは、先に組み抜けしていた土佐君のお店で仕事しなさいと言う事でした

そう告げる組長の温情溢れるテープを聞いて、段々笑顔になる辺りの鈴木さんは良かった

私は演じている鈴木さんが好きです

あまり自由になる時間の無い私には、鈴木さんのピン芸を見に行ったり、鈴木さん演出のみで出演しない舞台を見に行ったり、鈴木さんのトークを見に行ったりするより、限られた時間を使うのなら、鈴木さんが出演している舞台やコントを見たいと思っています

[E:shine]

ホントはゆうき君ではなく、翌日の清水けんじ君の舞台が見たかったんです

芝居もんで何回も見てるゆうき君って、極端な演技をする感じがしていました

又、鈴木さんのこんちわコントちゃんでのしみけんは凄く良かったので…

でも、今回のゆうき君は、役者勢の影響がいい方に出たのかして、きちんとした控えめの演技でオーバーにならず、良かったと思います

[E:shine]

九州方言のマコっちゃんキャラは大好きでした

九州のお国言葉が巧いですね、ほんまに現地の人かと思ってしまう

そしてみっずん、恥ずかしげに演じてるのが、対人恐怖な感じに見えて、役に反映されていました…ぜっ、ダンディ[E:sign02]

span!は、二人共、填まり役に思います

[E:shine]

初日と言う事も有り、台詞の噛みも多かったですが、別に気にならない程度

一ヶ所、土佐君が終盤に噛んだ時、鈴木さんが若干気になる的な素振りを見せて、お客も気にして笑っちゃったけど、石田君、カーテンコールで曰くヨーロッパ企画的にはオッケーとの事

カーテンコールで何回か出て来た ヨーロッパ企画的にはオッケー と言う台詞が私にはツボでした 

[E:shine]
カーテンコールは一回でした

演劇的カーテンコールではなく、小屋がうめ花で、芸人さんも出てるので、トーク混じりの、いわゆるお笑いライブのエンディング形式でした

[E:shine]
鈴木さんって、結局、ザ・プラン9に戻りたいのかな

スイッチの舞台って、其の侭ザ・プラン9本公演と銘打って、出演者をプラン9さんにしてもいけてしまう気がします

ま・いっか

鈴木さんの遣りたい事が何か見極めたいなんて、私は思いません

面白かったら其れでいいんです

兎に角、旗揚げ公演って事は、今後もメンバーを入れ替えながら公演が有るんですよね、機会が有れば行きたいと思います

「コンテンツバンク」で記事をチェック!

posted by 紫 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い・芸人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
読書感想ランキング