2008年06月25日

オカルト流行の深層社会心理 渡辺恒夫・中村雅彦:著

オカルト流行の深層社会心理
-科学文明の中の生と死-

 

渡辺恒夫・中村雅彦:著


渡辺氏は
東邦大理学部の教授で、心理学・化学基礎論専攻

第一部執筆


中村氏は
愛媛大教育学部の助教授で、社会心理学・超心理学専攻

第二部執筆


平成10(1998)年4月にナカニシヤ出版から出ました


オカルト、と言う言葉に反応して読み始めました


第一部では
超心理学やオカルト的信仰について纏められています

第二部は
科学の世界での死生観について書かれています


自分の学生に実験をさせたりして、なかなか興味深い結果が出ていたりしました

唯、やはりこういう類の書籍は私には読み難く[E:sweat01]
何度も途中、挫折しそうになりました

学問として捕らえるオカルトや心理学がお好きな人には、興味深い内容に思います

にほんブログ村 トラコミュ 読書日記、読書記録、覚え書へ
読書日記、読書記録、覚え書

「コンテンツバンク」で記事をチェック!

posted by 紫 at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神・心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
読書感想ランキング