2006年05月04日

桂三若情熱ひとり会2 〜古典落語の章〜 4.30うめだ花月

桂きん枝さんを
guestにお迎えしての
桂三若さんの
一大eventに
行って参りました


桂三若情熱ひとり会2
〜古典落語の章〜

うめだ花月
平成18年4月30日
ソワレの時間
C列最下手


出演(敬称略)/
 桂三若
 桂きん枝
   ブログ

最下手は
A列・B列が
前にありませんでして
最前列と同様と
思ってください

子連れではなかったので
立ち見でも何でも
良かったのですけれど
いゃあ、
ええ席やったん
ちゃいますか…[E:sign02]

上手側しか
見えませんでしたけれど
桂の紋の描かれた
衝立が立っていて
格好いいなあと思いました

サンサンチューズデーの
cameraが
入っていたようです

5月16日に
digestで番組内で
映るそうです

基本的に
古典はネタばれしても
いいと思いますけれど
映像をこれから
御覧になる方の為に
最小限に
留めたいと思います


続きを読む
の続きはこちらです



[E:smile] 秘伝書

 此れは
 古典と呼んで
 いいのでしょうか

 三若さん流の
 お客さん弄りは
 端にぴったりで
 客席が充分
 暖まりました


[E:smile] 青菜

 今回の
 面白いと思った所は
 植木屋の連れの大工が
 とにかく切れる、
 其の部分でした

 植木屋はお前やないかぁ[E:sign01]

 去年も
 三若さんの青菜を
 拝見していますけれど
 違う所に
 面白さを
 見付けてましたもの

 噺家さんと観客と寄席の
 状態の違いで
 落語も印象が変わります


[E:smile] 寝床

 三若さんの
 浄瑠璃は
 浄瑠璃では有りません

 ジャイアンでも
 歌に聞こえますよね、
 一応[E:sweat01]

 あれは音です

 それも
 S・キング小説に
 出てきそうな
 想像を絶する
 化け物の発する音
  声ですらない[E:sweat01]

 噺家さんによって
 表現の仕方の
 変わる所ですね、
 浄瑠璃の部分は…


[E:smile] 孝行糖

 桂きん枝さんの根多です

 お若い時は
 TVで活躍されていた
 imageが有りました

 ゆっくりゆったりの
 tempoの落語
 
 きびきびしてはった
 タレントさん、
 という感じの
 きん枝さんでは
 ありませんでした

 色々な方の落語も
 観な、あきませんなあ


[E:smile] 初天神 

 三若さんのされる
 寅コの可愛い事

 小憎たらしい小学生[E:sign01]
 其の侭です

 お父さんが
 着物汚して
 お前が怒られるの
 見とない

 …と言う所
 現代のお父さんを
 垣間見た気がしました

 今も昔も
 お母さんは
 余計な汚れを
 怒るものです

 
[E:smile] 愛宕山 

 舞子はんの
 簪のじゃらじゃらを
 扇子で表しはる度に
 客席から
 笑いが起こっていました 


終わってから
サンサンチューズディーに
御出演の
後藤夏美さんが
花束を渡され
番組の宣伝をされました

可愛らしい方で
大変、緊張されて
初々しく見えました

客席から出て来られ、
袖から退場されました


年に1回位かと思っていた
情熱ひとり会

この分ですと
芸術祭の時期にも
されるかも…

三若さんは
古典も最高でした

この記事を評価する
Sdlmcj5a

posted by 紫 at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 桂三若 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
読書感想ランキング