0コメント

キャッスルロック スティーヴン・キング ドラマ 

WOWOW
一挙放送

平成31年2月
2日 1~5話
3日 6~10話
     

ネタバレしています
キャッスルロック.jpg





#1 ショーシャンク刑務所

キャッスルロックというドラマがあると聞いた時
それこそキング特有のボケで
架空のドラマと思った

1話ではアラン・パングボーン保安官に狂喜乱舞や! 

キングのイメージはこんな人なんやな

それにしても首を吊るのに自動車を使うとは
いかにもキングらしい


#2 “呪われた町”

監禁されていた謎の男性役のビル・スカルスガルドの
雰囲気バツグン! 

彼は悪魔なのか? 

見れば見るほど彼の謎が深まる第2話も面白かった

モリー役者
子役と大人が同じ顔に見える


#3 白昼夢

ヘンリーの父の
あのベッドの場面の子供は誰なのか? 

最初
モリーかと思ったが
謎青年か? 

それにしても
モリーのあんな能力
邪魔なだけで
現にモリーも参りまくってるけど
逆手にとったな
あのケーブルテレビに出演の時

やるな
モリー

モリー回の第3話やった


#4 新たな惨劇

看守のデニスは
好きな登場人物だった

刑務所内の多数の監視モニターや彼の台詞から刑務所腐敗の認識を
1話から徐々に積み重ねるニクイ演出だった

遂に壊れてしまったデニス

これがキャッスルロックだ

という1文が
脳内に浮かんでしまった4話のラストだった 


#5 放たれた悪魔

謎青年の
何が悪魔なのかが徐々に分かって来た5話

ある惨劇の発端に笑った

子のプレゼントがグローブ

そんなプレゼントはマンネリだと父が指摘して
母が激怒

グローブがマンネリ… 

こんなしょーもない事で… lol


#6 神の声

6話は謎のろうの人が出てくる

このアフリカン男性
本当にろうの人に見える

手話は稽古すれば誰でも美しく表現できるが
ろうの人特有の雰囲気は
健聴役者はなかなか難しいだろう

但し
中途失聴設定なので
それにしてはろうの人すぎる気はした


#7チェスの駒

ルースの目線で
6話迄を振り返るという感じの7話

6話ラストにルースに何があったのかが徐々に分かる

7話終了時点では胸が痛くて涙が止まらなかった

マシューの代わりにマシューを演じる"謎の青年"が
マシューとしてだが
微笑んだ初めての回でもある

この回スピンオフ希望! 


#8 消せない過去

静かな恐怖で進んで来た筈の
まさかの激動ホラーが8話には盛り込まれた感じ

ゴードンとリリスの
ドラマ内での立ち位置に脱帽した


#9 ヘンリー・ディーヴァー

視聴者を最大級に混乱させる展開で進んだ9話

謎青年がなぜヘンリー・ディーヴァーと名乗ったのか

子ヘンリーは
記憶がなぜなくなったのか
どこに行ってたのか

そこが繋がったラストに
おーー…と思わず声が出てしまった


#10 罪の報い

最終回のこの1話でどう決着するのか気をもんだが
ラストは
キングらしいと言えば言える

シーズン2が本国でオンエアされてるのは知ってたが
WOWOWでも放送決定した? 

非常に楽しみ




スティーヴン・キング…ツイッター

"キャッスルロック スティーヴン・キング ドラマ " へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

過去ログ

2020年07月(1)
2020年06月(8)
2020年05月(7)
2020年04月(5)
2020年03月(8)
2020年02月(8)
2020年01月(8)
2019年12月(9)
2019年11月(8)
2019年10月(7)
2019年09月(7)
2019年08月(9)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(9)
2019年03月(6)
2019年02月(5)
2019年01月(8)
2018年12月(11)
2018年11月(9)
2018年10月(6)
2018年09月(7)
2018年08月(8)
2018年07月(11)
2018年06月(17)
2018年05月(17)
2018年04月(11)
2018年03月(15)
2018年02月(12)
2018年01月(20)
2017年12月(25)
2017年11月(27)
2017年10月(25)
2017年09月(26)
2017年08月(25)
2017年07月(23)
2017年06月(24)
2017年05月(23)
2017年04月(20)
2017年03月(18)
2017年02月(17)
2017年01月(19)
2016年12月(23)
2016年11月(15)
2016年10月(22)
2016年09月(20)
2016年08月(15)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(7)
2016年04月(8)
2016年03月(12)
2016年02月(8)
2016年01月(6)
2015年12月(8)
2015年11月(8)
2015年10月(4)
2015年09月(7)
2015年08月(9)
2015年07月(14)
2015年06月(4)
2015年05月(14)
2015年04月(11)
2015年03月(21)
2015年02月(11)
2015年01月(4)
2014年12月(23)
2014年11月(11)
2014年10月(3)
2014年09月(6)
2014年08月(3)
2014年07月(8)
2014年06月(6)
2014年05月(24)
2014年04月(14)
2014年03月(6)
2014年02月(7)
2014年01月(10)
2013年12月(16)
2013年11月(11)
2013年10月(11)
2013年09月(21)
2013年08月(23)
2013年07月(31)
2013年06月(33)
2013年05月(29)
2013年04月(35)
2013年03月(36)
2013年02月(33)
2013年01月(33)
2012年12月(35)
2012年11月(34)
2012年10月(34)
2012年09月(33)
2012年08月(30)
2012年07月(33)
2012年06月(31)
2012年05月(32)
2012年04月(31)