0コメント

偽義経冥界歌(いのうえ歌舞伎) 平成31年3月 フェスティバルホール

席は
2階4列中央 下手寄り



ネタバレしています
偽義経冥界歌.jpg
C3 TOYBOXさんによる写真ACからの写真



2019年
劇団☆新感線39興行・春公演
いのうえ歌舞伎
偽義経冥界歌

平成31(2019)年3月11日
月曜
13時 公演

フェスティバルホール…ウィキペディア
[ここに地図が表示されます]


劇団☆新感線…ツイッター


作(以下、敬称略)
中島かずき…ツイッター

演出
いのうえひでのり…ウィキペディア


タイトル通り
偽物の義経が
冥界で歌う
劇団☆新感線の旗揚げサンキュー(39)周年作品





死んだ人々が出てきますが
ただ白いだけの衣装

そのためなのか、どうなのか、
終幕後に通りかかったホワイエや
淀屋橋にむかう川沿いの道で
誰がどの役なのか
分かりにくかったという声が
チラホラ聞こえました

劇団員も客演陣も
配役的にはとても分かりやすかったと思いましたが…

白い死んだ人たちは、
生きている人たちと
見た目的にはっきり違いが判るグループの塊として
おもしろかったですね





源九郎義経/奥華玄久郎国衡
生田斗真…ウィキペディア

新感線とは
なじみの深い斗真くん

私はスサノオは見ていませんが
Cat in the Red Bootsと
Vamp Bamboo Burnは
座長としての斗真くんをおもいっきり堪能させてもらっています

斗真くんの天真爛漫で好青年な部分が
源九郎の人となりに重なりました

源九郎が冥界に向かうところが
ラストの場面

このときは
観客はみな、
もう、歩いて行く斗真くんの後ろ姿しか
見ていないと思います

なにも考えなかった源九郎が
おのれで考えぬいて
この世を救いました

静歌のうたを聴いていると
まっずい山ぶどうを口にしたような風になると
パッ!
と唇を鳴らしていた源九郎、
純でひたむきでした

ネタバレ記事





奥華清衡
村木仁

前述のとおり
このご先祖も全身が白

これに黄色のヘルメットをかぶる場面では
その黄色が色鮮やかに見えました



木乃伊守の干殻火
インディ高橋

今作、大ハマリしてしまった
干殻火さん!

生きてる時からひからびていて、
死んじゃってからも
全身が白いですが
ひからびていて

いつもは
高橋岳蔵くんとして
小道具制作もしているのに
今回、小道具に名前がなく…

干殻火さんに
全力投球したのでしょうか


奥華秀衡
橋本さとし…ツイッター

張りのある
魅力的な声

新感線の舞台に返り咲いたのに
東京のみの新感線の舞台で先に返り咲かれて
なんか
複雑です

ほん2ヶ月前に舞台を観たところなのに
また観れたのが嬉しい

↓ 2ヶ月前にみた舞台のネタバレ




黄泉津の方

とにかくカッコいい

死人たち、
とくに
夫の秀衡と戦わねばならないから
その上をいくかのような迫力がありました

人知れず
くくりに癒される場面、
ここなどは
働くすべての女性が
共感するのではないかと思いました



奥華次郎泰衡

SI☆NAのナナちゃんの
たしか弟だったかなという程度の認識でした

若干ややこしい秀衡を
すっきり演じていて
物語の要になっていく感じも非常に自然でした



静歌
藤原さくら…ツイッター

舞台が進むにしたがって
静歌の歌は
重要度が増していきます

よけいな力の入らない
その歌い方で
源九郎の評した"まっずい山ぶどう"を食べた時のような
胸のしめつけられる気持ちを味わえる
すてきな歌声でした



源頼朝
粟根まこと

バカップルの役

それも
正室がこわくて
内緒にしている側室とラブラブの

なんじゃ、粟ボンのこの頼朝

これっ!
…ちゅう時は
確かに立派ですが
出番の大半が
ラブラブのバカップル場面

それにしても
権威のある役が回ってくるようになりましたね

理系男子で
虎の威を借りてばかりの、
陰で画策する役のイメージが強かったのですが
もう多分
そんな役は粟ボンにはあてがわれないのかなあ…



遮那王牛若
早乙女友貴…ツイッター

本物の義経

でも
キーキーとわめいては
人を殺したりして

源氏の御曹司の貫禄まるでなし

斗真くんの偽義経との対比で
こんな感じに仕上げているようです

友貴くんは
新感線の蒼の乱で
太一くんと兄弟共演していたのを見ましたが
いやあ
立派になったなあ

キャラ立ちをしっかりさせてて
印象に残る義経です

↓ ネタバレしています




武蔵坊弁慶
橋本じゅん
 (ブログ)やります…3/2

圭哉くんの海尊と
ニコイチ的な存在の
じゅんさんの弁慶

源九郎を偽義経にしたてて
戦をしかけていたのに
なにも考えない源九郎を
結果
殺害する極悪な弁慶

でも、
源九郎がいなくなって
海尊に

源九郎と回っていたときは
楽しかったな…

と話すところは
私にとっての
今作で一番
好きな場面です



鈍覚大僧正
右近健一…ツイッター

高音で
根性の曲がったような
いけすかん
セレブのぼんさん

まったくもって
右近くんのイメージ通り

出てくるたびに
むかついたし、
楽しくなりましたし

今作もまた、
右近くんは
歌唱指導です



奥華十三
河野まさと

骨肉の争いの物語の今作、
その最たる人物が
まさと君の十三

身内の命も
自分の目的のために
捨ててしまう

ゲスゲスな人物が出てくる中でも
本当におそろしいのは
彼かもしれませんね



北条政子
村木よし子

史実通りの
逞しい女性

鉄をガツガツとかじる
コミカルな北条政子

でも
逃げる時は愛人と一緒に逃げてました



奥華基衡
吉田メタル…ツイッター

冥界でも筋トレやってるご先祖

若くして亡くなってるから
メタルくんでもおかしくないご先祖

背も高いし
現代によみがえったら
さぞモテモテでしょう



おかめの方
中谷さとみ

頼朝のこと
ヨリヨリ~
って呼んでましたね

そして
頼朝に言われて
政子と逃げました



くくり
新谷真弓…ツイッター

黄泉津に仕える巫女ですが
その雰囲気から
勝手に
かむろ的でわらべ的だと
想像をしてしまっていました

黄泉津の心が疲れたとき
膝まくらをして
黄泉津を癒してやります

膝まくらの場面は
ほんの2か所だけだったと思いますが
その2つ目の場面こそ
燃えさかる神殿で
2人が死を覚悟する最期の場面です

くくりは
黄泉津にとっては
母のようで
姉のような存在だったのかもしれません



その他の出演者】

常陸坊海尊
山内圭哉…ツイッター

土肥実平
逆木圭一郎

痛風権僧正
磯野慎吾

炎上院/星子
保坂エマ

梶原景時
川原正嗣…ツイッター
 ※殺陣指導・アクション監督も

佐郷元治
武田浩二

奥華兵士/人足/平家兵士
狩野新之介…ツイッター

奥華兵士/人足/源氏兵士
鈴木智久…ツイッター

奥華兵士/人足/源氏兵士
山崎翔太…ツイッター

奥華兵士/人足/源氏兵士
渡部又吁…ツイッター

侍女/奥華巫女/奥華の女たち
小板奈央美…ツイッター

侍女/奥華巫女/奥華の女たち
後藤祐香…ツイッター

奥華巫女/奥華の女たち
齋藤志野

奥華巫女/奥華の女たち
鈴木奈苗…ツイッター

山法師/源氏兵士
藤家剛

山法師/源氏兵士/他
川島弘之…ツイッター

山法師/平家兵士/奥華兵士
菊地雄人…ツイッター

山法師/平家兵士/奥華兵士
あきつ来野良…ツイッター

山法師/平家兵士/奥華兵士
藤田修平…ツイッター

山法師/奥華兵士/源氏兵士
北川裕貴…ツイッター

山法師/奥華兵士/源氏兵士
紀國谷亮輔





桟敷席のような
サイドの個室

私の2階席より
さらに観えにくそうではありますが
個室っていいですねえ

演目によったら
そんな役者は存在しない的な観劇状態にはなると思いますが
お値段は安いのでしょうか

ちょっと
気になりました

この記事へのコメント

過去ログ

2020年11月(9)
2020年10月(8)
2020年09月(6)
2020年08月(8)
2020年07月(6)
2020年06月(8)
2020年05月(7)
2020年04月(5)
2020年03月(8)
2020年02月(8)
2020年01月(8)
2019年12月(9)
2019年11月(8)
2019年10月(7)
2019年09月(7)
2019年08月(9)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(9)
2019年03月(6)
2019年02月(5)
2019年01月(8)
2018年12月(11)
2018年11月(9)
2018年10月(6)
2018年09月(7)
2018年08月(8)
2018年07月(11)
2018年06月(17)
2018年05月(17)
2018年04月(11)
2018年03月(15)
2018年02月(12)
2018年01月(20)
2017年12月(25)
2017年11月(27)
2017年10月(25)
2017年09月(26)
2017年08月(25)
2017年07月(23)
2017年06月(24)
2017年05月(23)
2017年04月(20)
2017年03月(18)
2017年02月(17)
2017年01月(19)
2016年12月(23)
2016年11月(15)
2016年10月(22)
2016年09月(20)
2016年08月(15)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(7)
2016年04月(8)
2016年03月(12)
2016年02月(8)
2016年01月(6)
2015年12月(8)
2015年11月(8)
2015年10月(4)
2015年09月(7)
2015年08月(9)
2015年07月(14)
2015年06月(4)
2015年05月(14)
2015年04月(11)
2015年03月(21)
2015年02月(11)
2015年01月(4)
2014年12月(23)
2014年11月(11)
2014年10月(3)
2014年09月(6)
2014年08月(3)
2014年07月(8)
2014年06月(6)
2014年05月(24)
2014年04月(14)
2014年03月(6)
2014年02月(7)
2014年01月(10)
2013年12月(16)
2013年11月(11)
2013年10月(11)
2013年09月(21)
2013年08月(23)
2013年07月(31)
2013年06月(33)
2013年05月(29)
2013年04月(35)
2013年03月(36)
2013年02月(33)
2013年01月(33)
2012年12月(35)
2012年11月(34)
2012年10月(34)
2012年09月(33)
2012年08月(30)