0コメント

お菓子の家 カーリン・イェルハルドセン:著 

プロローグでは
幼稚園でのひどいいじめが書かれている


ネタバレしています
お菓子の家.jpg
そこから40年たって起こる連続殺人の謎を
ショーベリ警視とそのチームが追う

殺人者の日記が随所にはさまるが
私が思ってる人が犯人なのか違うのか
最後まで分からない

そして
しょうもない人に思えた人が
立派な考えを持ってた事も分かる

そのため読後感が凄くいい

が、
それを踏まえても
なんか
ショーベリの周辺が
警察も家庭も
ゴチャゴチャしてて
続編を読んでみたい気がしないなあ

それに
全く別のレイプ事件のストーリー、
これ要るかな?


読了:平成30年9月27日


この記事へのコメント

過去ログ

2018年11月(5)
2018年10月(6)
2018年09月(7)
2018年08月(8)
2018年07月(11)
2018年06月(17)
2018年05月(17)
2018年04月(11)
2018年03月(15)
2018年02月(12)
2018年01月(20)
2017年12月(25)
2017年11月(27)
2017年10月(25)
2017年09月(26)
2017年08月(25)
2017年07月(23)
2017年06月(24)
2017年05月(23)
2017年04月(20)
2017年03月(18)
2017年02月(17)
2017年01月(19)
2016年12月(23)
2016年11月(15)
2016年10月(22)
2016年09月(20)
2016年08月(15)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(7)
2016年04月(8)
2016年03月(12)
2016年02月(8)
2016年01月(6)
2015年12月(8)
2015年11月(8)
2015年10月(4)
2015年09月(7)
2015年08月(9)
2015年07月(14)
2015年06月(4)
2015年05月(14)
2015年04月(11)
2015年03月(21)
2015年02月(11)
2015年01月(4)
2014年12月(23)
2014年11月(11)
2014年10月(3)
2014年09月(6)
2014年08月(3)
2014年07月(8)
2014年06月(6)
2014年05月(24)
2014年04月(14)
2014年03月(6)
2014年02月(7)
2014年01月(10)
2013年12月(16)
2013年11月(11)
2013年10月(11)
2013年09月(21)
2013年08月(23)
2013年07月(31)
2013年06月(33)
2013年05月(29)
2013年04月(35)
2013年03月(36)
2013年02月(33)
2013年01月(33)
2012年12月(35)
2012年11月(34)
2012年10月(34)
2012年09月(33)
2012年08月(30)
2012年07月(33)
2012年06月(31)
2012年05月(32)
2012年04月(31)
2012年03月(34)
2012年02月(29)
2012年01月(33)
2011年12月(33)
2011年11月(31)
2011年10月(35)
2011年09月(32)
2011年08月(32)
2011年07月(31)
2011年06月(31)
2011年05月(32)
2011年04月(34)
2011年03月(36)
2011年02月(41)
2011年01月(40)
2010年12月(43)
2010年11月(39)
2010年10月(42)
2010年09月(44)
2010年08月(54)