0コメント

恋におちたシェイクスピア(劇団四季) 平成30年9月 京都劇場

席は
P列ど真ん中

見切れることがなく
快適でした



ネタバレしています
恋におちたシェイクスピア.jpg




恋におちたシェイクスピア

平成30年9月23日
日曜
13時公演

京都劇場
[ここに地図が表示されます]

恋におちたシェイクスピア
…ウィキペディア

劇団四季…ツイッター



原作=映画脚本(以下、敬称略)
 マーク・ノーマン…ウィキペディア
 トム・ストッパード…ウィキペディア

台本

翻訳



演出





原作は
1998年公開のハリウッド映画

ロミオとジュリエットが書かれて
上演されるまでの
ドタバタ状態をベースに
ウィルとヴァイオラの恋が
ロミジュリの元になったという
ラヴ・ストーリーに仕上がっています

ロミジュリを知らなくてもおもしろいですが
個人的には
知ってる方がより楽しめるとおもいました





エリザベス女王が出てきますが
この衣装がステキ

ロミジュリ上演の舞台衣装も
とてもすばらしい

登場人物たちが勢ぞろいする場面は
それだけで
観る価値があります





両通路に
まあまあ役者が通ったりします

これが
おもしろくて

空調の効きすぎで
寒さを感じていたのも
やがて
気にならなくなりました






笑いの場面がそこそこありますが
京都劇場の観客、
クスリともしませんでした

なので
1幕は
笑いをこらえてしまいました

2幕、なんの場面か忘れましたが
ようやく客席から笑いがおこり、
そこからドカンドカンきてました

遅いわ~




せりふ劇だとは言うものの
美しいBGMのコーラスは四季の自前、
舞踏会の場面もありますし
今作も
音楽は重要でした

そして
四季はミュージカル以外でも
こんなに良質の芝居の打てるカンパニーであると
再認識させてもらいました






 ウィリアム・シェイクスピア(ウィル)
 …ウィキペディア

ラストの場面は
ウィルが羽ペンを持ち
筆が進む様子で幕でした

なにかを思いついた表情をしたウィルは
 あーっ…
と声が出ていました

なんとなく
アドリブのようでした

毎回この場面は
ウィルの芝居が違うのかなと思うと
楽しくなります

それにしても
ウイルはちっとも自分で考えてなくて
笑ってしまいました

ヴァイオラへの詩も
友人で作家のキットが
手伝う範囲を大きく超えた提供ぶり

戯曲のタイトルも
はじめは
看板役者ネッドが演じる役の
 マーキューシオ
としていたのに
そのネッドが
タイトルはロミオとジュリエットの方がいいと言って
ウィル、あっさりそっちに変えてしまいます

ウィルが自分で苦労してないと言いますか、
友達がいい奴ばかりと言いますか、
ここも笑ってしまいました




 クリストファー・マーロウ(キット)
 …ウィキペディア

痴情のもつれで刺されて亡くなった
…とウィルや私たち観客に思わせといて
実は
単なる口論が原因という

不謹慎な言い方をしますが
いわば
体はったボケです

そして、
もういちど言いますが
キットが
ウィルのヴァイオラへ語りかける詩の
ほぼ全部を
ウィルに提供しているのも
とてもおもしろい



志村要

 フェニマン

金貸しで
ウィルも借りています

なのに
ロミオとジュリエットにでるという

誰がなんといっても

京都劇場の観客がだれも笑わなくても

今作は
コメディーです…



菱山亮祐

 サム

女性が舞台に立てない時代

声変わりしていない男の子が
女性役をやります

小柄で
声が高いし
しぐさも優しくて
かわいらしいジュリエットでした

実際は
開幕直前に声変わりしてしまい、
ジュリエットはできなくなってしまいますが
それが残念に感じるほど
サムの娘役を見たかったなあと思いました


【その他の出演】

 ヴァイオラ・ド・レセップス

阿久津陽一郎…ウィキペディア
 バーベッジ…ウィキペディア

 ウェセックス 

神保幸由
 ヘンズロウ

 エリザベス女王…ウィキペディア

星野元
 ティルニー

増山美保
 乳母 

 ネッド・アレン…ウィキペディア(英語)

平田了祐
 ウェブスター…ウィキペディア


男性アンサンブル】
 川口雄二
 荒井孝
 鈴木周
 小林清孝
 小松貴行
 佐藤幸治
 南圭一朗

女性アンサンブル】
 長橋礼佳
 原口明子





私の左隣の人
1幕で寝てたと
幕間中にツレに告白し、
話の7割が分からないと言って
スマホでストーリーを検索してました

ちなみに
右隣の人は
ミュージカルじゃないことに驚いていました

観客まで
私を笑わせてくれました…



この記事へのコメント

過去ログ

2019年08月(6)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(9)
2019年03月(6)
2019年02月(5)
2019年01月(8)
2018年12月(11)
2018年11月(9)
2018年10月(6)
2018年09月(7)
2018年08月(8)
2018年07月(11)
2018年06月(17)
2018年05月(17)
2018年04月(11)
2018年03月(15)
2018年02月(12)
2018年01月(20)
2017年12月(25)
2017年11月(27)
2017年10月(25)
2017年09月(26)
2017年08月(25)
2017年07月(23)
2017年06月(24)
2017年05月(23)
2017年04月(20)
2017年03月(18)
2017年02月(17)
2017年01月(19)
2016年12月(23)
2016年11月(15)
2016年10月(22)
2016年09月(20)
2016年08月(15)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(7)
2016年04月(8)
2016年03月(12)
2016年02月(8)
2016年01月(6)
2015年12月(8)
2015年11月(8)
2015年10月(4)
2015年09月(7)
2015年08月(9)
2015年07月(14)
2015年06月(4)
2015年05月(14)
2015年04月(11)
2015年03月(21)
2015年02月(11)
2015年01月(4)
2014年12月(23)
2014年11月(11)
2014年10月(3)
2014年09月(6)
2014年08月(3)
2014年07月(8)
2014年06月(6)
2014年05月(24)
2014年04月(14)
2014年03月(6)
2014年02月(7)
2014年01月(10)
2013年12月(16)
2013年11月(11)
2013年10月(11)
2013年09月(21)
2013年08月(23)
2013年07月(31)
2013年06月(33)
2013年05月(29)
2013年04月(35)
2013年03月(36)
2013年02月(33)
2013年01月(33)
2012年12月(35)
2012年11月(34)
2012年10月(34)
2012年09月(33)
2012年08月(30)
2012年07月(33)
2012年06月(31)
2012年05月(32)
2012年04月(31)
2012年03月(34)
2012年02月(29)
2012年01月(33)
2011年12月(33)
2011年11月(31)
2011年10月(35)
2011年09月(32)
2011年08月(32)
2011年07月(31)
2011年06月(31)
2011年05月(32)