0コメント

桜華に舞え/ロマンス!! (宝塚 星組) 平成28年8月 宝塚大劇場

席は
7列最下手

下手側の花道の真横でした

 

ネタバレしています

 

 

 

 

グランステージ

桜華に舞え
SAMURAI The FINAL

…ウィキペディア

 

作・演出(以下、敬称略)
齋藤吉正
ウィキペディア

 

幕末の薩摩藩士
中村半次郎は
桐野利秋となり、
明治では陸軍少将

 

西南戦争に散るまでの
彼の生きざまを
今作で退団する
北翔海莉が熱く演じる

 

ロマンチック・レビュー
ロマンス💡(Romance)

 

作・演出
岡田敬二
ウィキペディア

 

平成28年8月27日11時公演

宝塚大劇場 



 

隣の席の
一人で来られていた女性が

みっちゃん(北翔海莉)さんの
ファンの方ですか?

と聞かれました、

 

みっちゃん、に
「さん」つけてくださって

 

そうだと答えると
みっちゃんの
迫力ある芝居や歌を
とても感動したと
いってくださいました

 

みっちゃんの舞台は
はじめてと
おっしゃっていました

 

最後の舞台、
みていただけて
よかった

 

 

セリフが方言で
たのしい

 

それぞれの役の
たいせつなツールとなっていました

 

人柄がでていたり

 

隼太郎などは
話す相手、場面によって
標準語とお国ことばを
つかいわけていました

 

 

桐野利秋の子供のころ、
幕末、明治と
時代がいったりきたり

 

ですが
みっちゃんとさゆみ(紅ゆずる)の
利秋と隼太郎の演じ分けで
いまはいつかというのが
はっきり分かりました

 

 

出演

 

 

 

大谷吹優
妃海風…ウィキペディア

 

風ちゃんも
今回、退団

 

母校がおなじなもので、
ひそかに
おうえんしていました

 

母校って、
宝塚音楽学校じゃないですよ、
ええ、もちろん

 

 

衣波隼太郎
紅ゆずるウィキペディア

 

さゆみ

 

利秋とはおさななじみで
維新後もおなじおもいでいきてきた
大親友

 

でも
利秋とは西南戦争では敵味方

 

利秋の亡骸を抱きしめて
隼太郎がなきさけぶ場面は
やばい、やばい、

 

なんとか、ここでも
もちこたえましたが、
落涙してしまいそうでした

 

 

大谷隆俊/岩倉具視
美稀千種…ウィキペディア

 

ちぐ

 

関西なまりのえらいさん、
誰かとおもいました

 

うさんくさくて
みょうなおっちゃん

 

岩倉具視でした

 

 

八木永輝
礼真琴…ウィキペディア

 

琴ちゃん

 

やっぱり
歌うまい

 

声に力もあります

 

八木永輝という人は
えんじる人によっては
ただの脇役になってしまいますが
琴ちゃんのおかげで
いきいきとした人物になりました

 

 

桐野利秋
北翔海莉…ウィキペディア

 

みっちゃん

 

姿をみたとたんに
涙がこぼれそうになりました

 

私にとっては
最後のみっちゃんです

 

こらえました

 

しめっぽいのは
きっと
みっちゃん、
いやだとおもいました

 

最後まで
北翔海莉は
最高の男役でした

 

 

その他の配役

 

大給夫人
万里柚美…ウィキペディア

 

山縣有朋
壱城あずさ…ウィキペディア

 

川路利良
七海ひろき…ウィキペディア

 

高木兼寛
如月蓮…ウィキペディア

 

別府ユキ
白妙なつ…ウィキペディア

 

篠原国幹
天寿光希…ウィキペディア

 

衣波タカ
音波みのり…ウィキペディア

 

大給恒
大輝真琴…ウィキペディア

 

三村加代
愛水せれ奈…ウィキペディア

 

ウィリアム・ウィリス
輝咲玲央…ウィキペディア

 

泰三
瀬稀ゆりと…ウィキペディア

 

竹下チカ
紫月音寧ウィキペディア

 

中村スガ(語り)
夢妃杏瑠…ウィキペディア

 

村田新八
夏樹れい…ウィキペディア

 

大山巌
十碧れいや…ウィキペディア

 


空乃みゆ…ウィキペディア

 

犬陽毅
麻央侑希…ウィキペディア

 

池上四朗
漣レイラ…ウィキペディア

 

野村忍介
ひろ香祐…ウィキペディア

 

小紫
紫りら…ウィキペディア

 

別府晋介
瀬央ゆりや

 

中原尚雄
音咲いつき…ウィキペディア

 

竹下ヒサ
綺咲愛里…ウィキペディア

 

辺見十郎太
紫藤りゅう…ウィキペディア

 

夕夏/アオサギ
白鳥ゆりや…ウィキペディア

 

中村半左衛門
拓斗れい…ウィキペディア

 

田中文五郎
朝水りょう…ウィキペディア

 

桂久武
桃堂純…ウィキペディア

 

中村貞
華鳥礼良…ウィキペディア

 

別府九郎
彩葉玲央…ウィキペディア

 

三上卓
綾凰華…ウィキペディア

 

沙保里
澪乃桜季…ウィキペディア

 

愛奈姫
真彩希帆…ウィキペディア

 

松平容保
天華えま…ウィキペディア

 

三郎
美都くらら…ウィキペディア

 

西郷小兵衛
天路そら…ウィキペディア

 

太郎
小桜ほのか…ウィキペディア

 

幸太郎

天彩峰里…ウィキペディア

 

天希ほまれ…ウィキペディア

 

夕渚りょう…ウィキペディア 

 

湊璃飛…ウィキペディア 

 

美丘安里…ウィキペディア

 

遥斗勇帆…ウィキペディア 

 

蒼舞咲歩…ウィキペディア 

 

七星美妃…ウィキペディア 

 

桜里まお…ウィキペディア


隼玲央…ウィキペディア

 

天乃きよら…ウィキペディア

 

希沙薫

 

二條華

 

極美慎…ウィキペディア 

 

きらり杏

 

蓮月りらん

 

朱紫令真

 

煌えりせ

 

碧海さりお

 

颯香凜

 

夕陽真輝

 

天翔さくら

 

彩園ひな…ウィキペディア

 

麻倉しずく

 

草薙稀月

 

星蘭ひとみ…ウィキペディア

 

天飛華音

 

咲城けい

 

紅咲梨乃

 

都優奈奏

 

碧タケル

 

水乃ゆり

 

澄華あまね

 

鳳真斗愛

 

 

(専科)

 

大久保利通
夏美よう…ウィキペディア

 

西郷隆盛
美城れん…ウィキペディア

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

過去ログ

2020年09月(5)
2020年08月(8)
2020年07月(6)
2020年06月(8)
2020年05月(7)
2020年04月(5)
2020年03月(8)
2020年02月(8)
2020年01月(8)
2019年12月(9)
2019年11月(8)
2019年10月(7)
2019年09月(7)
2019年08月(9)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(9)
2019年03月(6)
2019年02月(5)
2019年01月(8)
2018年12月(11)
2018年11月(9)
2018年10月(6)
2018年09月(7)
2018年08月(8)
2018年07月(11)
2018年06月(17)
2018年05月(17)
2018年04月(11)
2018年03月(15)
2018年02月(12)
2018年01月(20)
2017年12月(25)
2017年11月(27)
2017年10月(25)
2017年09月(26)
2017年08月(25)
2017年07月(23)
2017年06月(24)
2017年05月(23)
2017年04月(20)
2017年03月(18)
2017年02月(17)
2017年01月(19)
2016年12月(23)
2016年11月(15)
2016年10月(22)
2016年09月(20)
2016年08月(15)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(7)
2016年04月(8)
2016年03月(12)
2016年02月(8)
2016年01月(6)
2015年12月(8)
2015年11月(8)
2015年10月(4)
2015年09月(7)
2015年08月(9)
2015年07月(14)
2015年06月(4)
2015年05月(14)
2015年04月(11)
2015年03月(21)
2015年02月(11)
2015年01月(4)
2014年12月(23)
2014年11月(11)
2014年10月(3)
2014年09月(6)
2014年08月(3)
2014年07月(8)
2014年06月(6)
2014年05月(24)
2014年04月(14)
2014年03月(6)
2014年02月(7)
2014年01月(10)
2013年12月(16)
2013年11月(11)
2013年10月(11)
2013年09月(21)
2013年08月(23)
2013年07月(31)
2013年06月(33)
2013年05月(29)
2013年04月(35)
2013年03月(36)
2013年02月(33)
2013年01月(33)
2012年12月(35)
2012年11月(34)
2012年10月(34)
2012年09月(33)
2012年08月(30)
2012年07月(33)
2012年06月(31)