0コメント

月刊コント8月号(久馬歩編集) H27年8月 よしもと漫才劇場

当初
行く予定ではありませんでした

 

ネタバレしています

 

娘が行きたいと言い、
ワンテンポ遅れて
チケットを取りました

 

整理番号が260番台

 

後方とは言え
真ん中に位置し、
前の席は誰も座らなかったので
見切ることもなく

 

よく見えました

 

 

久馬歩責任編集
月刊コント(ツイッター)8月号
平成27年8月8日夜席

よしもと漫才劇場

 

土曜日は漫才劇場!(よしもと漫才劇場 公式ブログ)

 

 

 出演(以下、敬称略)

 

 

ザ・プラン9

 

「魔」

お~い!久馬
(ウィキペディア)

 

浅越ゴエ
(ツイッター)

 

ヤナギブソン
(ツイッター)

 

私にとって
3人になってから初めてのプラン9

 

トリオでも
プラン9としてのコントが
できていました

 

 

ガンバレルーヤ
「まーちゃん、ごめんね」

  

私も、初めて見たコンビ

 

久馬さんも、

「いつもこんなネタやってるんですか」

と聞いてました

 

てっきり、
久馬編集長がネタを知っていて、
出演者に声かけたものが月刊コントかと
思っていました

 

久馬さん以外からオファーがあって
参加したパターンのようでした

 

 

 

アイロンヘッド 

「いけないものを林へ投げる」

 

毛利
(ツイッター)

 

辻井
(ツイッター)

 

アイロンヘッド・ワールドの展開、
今回もお見事

 

 

コロコロチキチキペッパーズ

(ウィキペディア)

 

「エンダー」

 

ナダル
(ツイッター)

 

ほんま、ナダル君は
何を喋っても笑いが取れますね

 

西野君は印象が薄いイメージですが
出すぎても巧くいかない気もしますし、
こんな感じでいいのかも

 

 

青空

「デート」

 


月刊コント☆

 

須藤
月刊コント8月号。

 

野球がわからなくても
笑えるネタ

 

コント、8年ぶりくらいって
岡ちゃんが言うてましたが、
スーがやった男の子、巧かったですよね

 

ほんで、実は女の子やった
…ってなった時も
同じキャラで女子に見えましたし

 

コントも
面白い要素を持ってます

 

これを機に
どんどんコントのネタも
混ぜてきたらええんちゃいますか

 

 

 

矢野号 

(ツイッター)

 

「男子ショートプログラム」

 

エンディングトークで

 

「月刊コント矢野号をやってください」

 

とお願いしてました

 

久馬さんは
矢野姓の誰かを
数人、上げていました

 

名前が
聞き取れませんでしたが…

 

実現するかも、ですね

 

 

 

モンスターエンジン 

(ウィキペディア)

 

「サーキット」

 

大林健二
(ツイッター)

 

大林君も西森君も
おじいさんキャラいけてますよね

 

このネタは
モンエンでないと
こんなに面白なかったかもしれません

 

 

ロザン


「日本一周自転車の旅」

 


(ツイッター)

 

宇治原
(ウィキペディア)

 

ウジやんが壊れていくパターン

 

菅ちゃんは変わりませんね、
いつ迄も可愛い

 

 

野沢直子
5時に夢中。笑

 

麒麟 田村裕
(ツイッター)


樋口みどりこ
(ツイッター)

 

 

月刊コントは
独立したそれぞれの芸人のネタを
間のコントで繋ぎ、
最後に巻末コントを用意して
落として閉幕するパターンです

 

今回の巻末コントでは
暫く、プラン9が
1人も出て来ない運びになりました

 

それもその筈

 

久馬さんは
「魔」で通り魔に刺されていましたから
病院に搬送されたかなんかで
みんなのいる場所には
登場できません

 

そして、
ギブソンさんと浅越さんの
出番も遅かった~

 

理由は
以下の通りです

 

今回の月刊コントは
最近ドラマ放映された

「デス・ノート」がテーマでした

 

お客には
早くからそのヒントを
間のコントで見せていました

 

が、登場人物達は
巻末コントで
ようやく意味が分かった設定です

 

あのノートに書いたら
あんなことになるのか

 

そして、
ここで初めて
2人の死神が登場

 

この2人の死神を
ギブソンさんと浅越さんが
メイクも激しく
演じていました

 

やっと出てきた、
プラン9のメンバー

 

ところで、
ギブソンさんの死神の姿が怖くて

私は笑えませんでした

 

原作に詳しいお客が多かったのか
激似だったようで、
笑えなかった人は
私だけではありませんでした

 

ギブソンさんが
スベッたみたいになり、

「こんな事ある?」

 

と疑問のような不満のような
戸惑いやら なんやらの
ギブソンさん

 

この後に、浅越さんが
もう1人の死神で登場しました

 

インパクトありあり

 

でも、浅越さんは
最初のギブソン死神が
ウケてないから


「出るの怖かった~」

 

とか言うてて
ギブソンさんがまた、

「何でなん、何で(自分のは)ウケへんの」

 

と浅越さんがウケたことに
疑問のような不満のような

戸惑いやら なんやらで、
更に笑い声が加速

 

これで笑いがとれるんですよ

 

やはり
プラン9最高
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

過去ログ

2020年06月(1)
2020年05月(7)
2020年04月(5)
2020年03月(8)
2020年02月(8)
2020年01月(8)
2019年12月(9)
2019年11月(8)
2019年10月(7)
2019年09月(7)
2019年08月(9)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(9)
2019年03月(6)
2019年02月(5)
2019年01月(8)
2018年12月(11)
2018年11月(9)
2018年10月(6)
2018年09月(7)
2018年08月(8)
2018年07月(11)
2018年06月(17)
2018年05月(17)
2018年04月(11)
2018年03月(15)
2018年02月(12)
2018年01月(20)
2017年12月(25)
2017年11月(27)
2017年10月(25)
2017年09月(26)
2017年08月(25)
2017年07月(23)
2017年06月(24)
2017年05月(23)
2017年04月(20)
2017年03月(18)
2017年02月(17)
2017年01月(19)
2016年12月(23)
2016年11月(15)
2016年10月(22)
2016年09月(20)
2016年08月(15)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(7)
2016年04月(8)
2016年03月(12)
2016年02月(8)
2016年01月(6)
2015年12月(8)
2015年11月(8)
2015年10月(4)
2015年09月(7)
2015年08月(9)
2015年07月(14)
2015年06月(4)
2015年05月(14)
2015年04月(11)
2015年03月(21)
2015年02月(11)
2015年01月(4)
2014年12月(23)
2014年11月(11)
2014年10月(3)
2014年09月(6)
2014年08月(3)
2014年07月(8)
2014年06月(6)
2014年05月(24)
2014年04月(14)
2014年03月(6)
2014年02月(7)
2014年01月(10)
2013年12月(16)
2013年11月(11)
2013年10月(11)
2013年09月(21)
2013年08月(23)
2013年07月(31)
2013年06月(33)
2013年05月(29)
2013年04月(35)
2013年03月(36)
2013年02月(33)
2013年01月(33)
2012年12月(35)
2012年11月(34)
2012年10月(34)
2012年09月(33)
2012年08月(30)
2012年07月(33)
2012年06月(31)
2012年05月(32)
2012年04月(31)
2012年03月(34)