0コメント

ルパン三世/ファンシー・ガイ!(雪組公演) H27.1宝塚大劇場

席は2階2列中央上手寄り

 

ネタばれしています

 

 

PIA Kansai 30th Anniversary
2015ぴあ宝塚新春スペシャル貸切公演
宝塚歌劇 雪組公演
NTT東日本・NTT西日本フレッツシアター
平成27年1月3日マチネ
宝塚大劇場(ウィキペディア)

 

 

 

ミュージカル
ルパン三世
王妃の首飾りを追え!
(ウィキペディア)

 

 

 

原作(以下、敬称略)
モンキー・パンチ
(ウィキペディア)

 

 

 

脚本・演出
小柳奈穂子
(ウィキペディア)

 

 

 

 

ファンタスティック・ショー
ファンシー・ガイ! 

 

 

作・演出
三木章雄
(ウィキペディア)

 

 

お馴染ルパンの一行が
革命直前のフランスにタイムスリップ

 

新生雪組トップコンビの
宝塚大劇場お披露目公演

 

 

 

 

 

時代的に
ベルばらの登場人物たちが
たくさん出て来ますし
それだけでも嬉しい作品でした

 

ラストは
宝塚版JINのようでもありました

 

 

ルパン三世
早霧せいな
(ウィキペディア)

 

チギ

陽気で飄々としたルパンは
チギにぴったり

 

Samouraiで渡会役だったチギ

SAMOURAI(雪組公演) H23年12月初日シアター・ドラマシティ

 

一時期、
チギ、イコール渡会と言ってしまう程
私の中では強烈な役柄でした

 

ファンシー・ガイ!の幕に
チギのこれまでの役の写真が
何枚か表示されていましたが、
あの中の和装の人は渡会ですかね、
私、見えないにも程が有り過ぎですね

 

貸切公演ですので
ファンシー・ガイ!後はカテコなしで
チギのみ単独の挨拶で
お終いでした

 

トップスターとしての大劇場公演

チギの第一歩に立ち会えて
満足です

 

 

ノアイユ伯夫人
アントワネットの教育係
梨花ますみ
(ウィキペディア)

 

ミトさん

 

貸切公演という事で
開幕前に
組長ミトさんの挨拶がありました

 

貴族の華やかなドレスを着用してのご挨拶

 

アニメの曲もふんだんに取り入れたとの話で
見たい気持ちMaxになりました

 

 

大衆芝居一座の主演マリー・ルゲイ
舞咲りん

(ウィキペディア)

 

姫ちゃん

 

一座の劇中劇で
アントワネット役の女優

 

誇張した演技で
アントワネットを風刺していますが、
歌に関してはど迫力

 

元はオペラ座か何かのプリマだったのが
落ちぶれちゃったのか
それとも
平民出身で歌唱に秀でていたのか

 

どんな人生を歩んだのだろうかと
感じさせる女優役でした

 

首飾り事件のキー・パーソンですし
そこそこ大事な役でした

 

 

銭形警部
夢乃聖夏
(ウィキペディア)

 

トモみん

 

銭形のとっつぁんを
ユーモラスで人情味厚く演じていました

 

革命が起こったら
シトワイヤン銭形になってました

 

ショーのパレードでは
エトワールでした

 

終幕後に
退団することを思い出し
ホゾを噛んでしまいました

 

とっつぁんとエトワールに
ただただ酔い痴れてしまって

見納めなんだと意識せずに
トモみんを楽しんでしまい
誠に心残りでなりません…

 

 

峰不二子
大湖せしる
(ウィキペディア)

 

セシコ

 

キャラクターイメージが
最も原作に近かったのでは

 

スタイル抜群でお色気満点

 

声もセクシーで
自己都合で裏切ったり仲間になったり

原作マンガやアニメのファンから
単なるコスプレと揶揄されるかと
雪組ルパンを心配してましたが、
どのキャラクターも
きちんと仕上がっていて
どこからも文句は出ない筈

特にセシコの不二子ちゃんは
原作ファンも納得の出来でしょう

 

 

カリオストロ伯
望海風斗
(ウィキペディア)

 

だいもん 

 

歌う場面が多くて
しっかり堪能させて貰いました

 

高いキーまで声質が変わらない

 

今更でお恥ずかしい質問しますが
雪の新2番手で迎えられたのですかね?

 

歌だけでなく
個性的なワルもんとか、
色々できる人ですので
だいもんが
これからの雪組を
いい意味で
転がす担い手になってくれそうです

 

 

ルイ・シャルル

彩みちる

 

ウメちゃん

 

一緒に見に行った娘が
子役がいたと言い張っているのですが
多分ウメちゃんの事かと

 

タカラジェンヌは
背が高くて
学校も出ている成人女性の
イメージなのでしょう

 

宝塚で子役はないよ
と、説明しても
聞いてくれません

 

可愛いルイ・シャルル王子でしたから
子役に見えたのでしょう

 

 

高校生の時、学校から
風と共に去りぬを見に行った娘は

 

 風と共に去りぬ(宙組) H.25.10宝塚大劇場

 

行きたいと言い続けていて、
でも風共のような悲恋はダメ、
誰かが死ぬのもダメと
注文が多くて…

 

宝塚って
悲恋か
誰かが死ぬか

そうでない作品なんて
極めて少ない

 

おまけに
女子大生の娘と私の
観劇できる時間が噛み合わずで…

 

お正月なら
大学も習い事も休みですから
いい時にルパンを上演して貰いましたわ~

 

誰も死なないし

 

胸が痛くなるような悲恋もないし

 

まあ、革命で多くの命が失われましたが
とりあえず描かれていませんから

 

ファンシー・ガイ!
オペラハウスのロビーの場面があり、
上演中のテノールの歌い上げる声が
ロビーに漏れ聞こえていて、
それに合わせて
観客の男女(早霧せいな・咲妃みゆ)が
ロビーで激しい感情を表すダンスをします

 

影ソロがホンマの男性(録音)かよと
終わってから2人で笑い合ったりしました

 

しつこいですが、
ずっと子役が出てたと
言ってますしね

 

誰かが一緒って
やっぱりいいですよね

 

今度は娘と
いつ行けるかな…

 

その他の出演

 

マリー・アントワネット
咲妃みゆ
(ウィキペディア)

 

オーストリー大使メルシー伯
奏乃はると

(ウィキペディア)

 

ポリニャック公夫人
アントワネットの取巻き
早花まこ
(ウィキペディア)

 

ルイ16世
ルーブル美術館館長オーギュスト
(2役)
鳳翔大

(ウィキペディア)

 

一座の踊り子
沙月愛奈
(ウィキペディア)

 

ロアン枢機卿
ストラスブールの大司教
蓮城まこと
(ウィキペディア)

 

マクシミリアン・ロベスピエール
香綾しずる
(ウィキペディア)

 

オランド警察本部の長官
朝風れい
(ウィキペディア)

 

貴族女
千風カレン
(ウィキペディア)

 

貴族女
此花いの莉
(ウィキペディア)

 

宝石商シャルル・ベーマー
透真かずき

(ウィキペディア)

 

一座の踊り子
雛月乙葉
(ウィキペディア)

 

ド・ラ・モット伯
ジャンヌの夫
央雅光希
(ウィキペディア)

 

ジャンヌ・ド・ラ・モット伯夫人
首飾り事件の主犯
透水さらさ

(ウィキペディア)

 

石川五エ門
彩凪翔
(ウィキペディア)

 

一座の踊り子
桃花ひな
(ウィキペディア)

 

近衛兵ジョルジュ
真那春人
(ウィキペディア)

 

一座の踊り子
笙乃茅桜
(ウィキペディア)

 

次元大介
彩風咲奈
(ウィキペディア)

 

近衛兵アンリ
帆風成海
(ウィキペディア)

 

一座の踊り子
舞園るり
(ウィキペディア)

 

ポール・パッサンジュ
宝石商
久城あす
(ウィキペディア)

 

ミラボー
革命家
煌羽レオ
(ウィキペディア)

 

杏野このみ
(ウィキペディア)

 

大衆芝居一座の座長
悠斗イリヤ
(ウィキペディア)

 

愛すみれ

 

マリー・ルイーズ
ランバル公妃
星乃あんり
(ウィキペディア)

 

貴族男
桜路薫
(ウィキペディア)

 

レト―・ド・ラ・ヴィレット
ジャンヌの愛人
月城かなと
(ウィキペディア)

 

天月翼

 

一座の踊り子
花瑛ちほ

 

一座の踊り子
白峰ゆり

 

和城るな

 

妃桜ほのり
(ウィキペディア)

 

橘幸
(ウィキペディア)

 

妃華ゆきの
(ウィキペディア)

 

フェルゼン役の座員
真地佑果
(ウィキペディア)

 

一座の踊り子
蒼井美樹
(ウィキペディア)

 

華蓮エミリ
(ウィキペディア)

 

政治家バルナーヴ
永久輝せあ
(ウィキペディア)

 

彩月つくし

 

沙羅アンナ

 

叶ゆうり
(ウィキペディア)

 

水月牧

 

水沙瑠流
(ウィキペディア)

 

セラフィーナ
カリオストロの助手
有沙瞳
(ウィキペディア)

 

真條まから
(ウィキペディア)

 

鳳華はるな

 

夢乃花舞

 

マリー・テレーズ
星南のぞみ
(ウィキペディア)

 

叶海世奈

 

彩波けいと

 

瀬南海はや

 

陽向春輝

 

諏訪さき

 

月華雪乃

 

野々花ひまり

 

桜良花嵐
(ウィキペディア)

 

璃央じゅん

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

過去ログ

2020年05月(7)
2020年04月(5)
2020年03月(8)
2020年02月(8)
2020年01月(8)
2019年12月(9)
2019年11月(8)
2019年10月(7)
2019年09月(7)
2019年08月(9)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(9)
2019年03月(6)
2019年02月(5)
2019年01月(8)
2018年12月(11)
2018年11月(9)
2018年10月(6)
2018年09月(7)
2018年08月(8)
2018年07月(11)
2018年06月(17)
2018年05月(17)
2018年04月(11)
2018年03月(15)
2018年02月(12)
2018年01月(20)
2017年12月(25)
2017年11月(27)
2017年10月(25)
2017年09月(26)
2017年08月(25)
2017年07月(23)
2017年06月(24)
2017年05月(23)
2017年04月(20)
2017年03月(18)
2017年02月(17)
2017年01月(19)
2016年12月(23)
2016年11月(15)
2016年10月(22)
2016年09月(20)
2016年08月(15)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(7)
2016年04月(8)
2016年03月(12)
2016年02月(8)
2016年01月(6)
2015年12月(8)
2015年11月(8)
2015年10月(4)
2015年09月(7)
2015年08月(9)
2015年07月(14)
2015年06月(4)
2015年05月(14)
2015年04月(11)
2015年03月(21)
2015年02月(11)
2015年01月(4)
2014年12月(23)
2014年11月(11)
2014年10月(3)
2014年09月(6)
2014年08月(3)
2014年07月(8)
2014年06月(6)
2014年05月(24)
2014年04月(14)
2014年03月(6)
2014年02月(7)
2014年01月(10)
2013年12月(16)
2013年11月(11)
2013年10月(11)
2013年09月(21)
2013年08月(23)
2013年07月(31)
2013年06月(33)
2013年05月(29)
2013年04月(35)
2013年03月(36)
2013年02月(33)
2013年01月(33)
2012年12月(35)
2012年11月(34)
2012年10月(34)
2012年09月(33)
2012年08月(30)
2012年07月(33)
2012年06月(31)
2012年05月(32)
2012年04月(31)
2012年03月(34)
2012年02月(29)