0コメント

これで誕生! 吉本新喜劇(吉本百年物語) H24年10月なんばグランド花月

席はA列上手寄り

高2の娘と行きました

 

ネタばれしています

 

吉本興業
創業100周年記念公演

吉本百年物語10月公演 

これで誕生! 吉本新喜劇
H24年10月27日夜席
なんばグランド花月
(ツイッター)

大きな地図で見る

脚本(以下、敬称略)
長川千佳子

 

演出
湊裕美子

 

[E:happy02]

 

花紀京
吉本新喜劇団員

 

 

内場勝則
(ウィキペディア)

私にもおなじみだった
ホンワカしたボケの
京やん

偉大な父である
エンタツの影を引きずり、
奥目の八ちゃんの
面白い顔に嫉妬する
舞台で見せない
京やんの裏の部分

深みのある
内場さんの京やんでした

happy02

岡八郎
吉本新喜劇団員

千原兄弟
千原せいじ
(ツイッター)

カーテンコールは
出演者全員で
エクスタシーを歌うフィナーレでした

せいじ君の音程のズレ具合が
尋常でなく、
フィナーレなのに
爆笑をさらっていました

happy02

白鳥しのぶ
新喜劇の若手団員

小西美帆

舞台出演のご報告☆ 9/7(ブログ)

研究生で入ってきた
しのぶちゃんに
京やんも八ちゃんも
恋をしてしまいます

自分の新喜劇のスキルで
いきづまり、悩んだしのぶちゃんは
逃れるように見合いをし、
婚約して退団してしまいます

別れる時、泣いていたという事は
しのぶちゃんも
京やんか八ちゃんに
恋心を抱いていたのかも

その後、
離婚して新地のママに

ママになってからは、もっと
着物もメイクも
派手にして良かったのになあとは
思いました

劇団員のしのぶちゃんが、
そのまま和装しただけに見えましたから

主役2人が心を奪われる女性ですから、
しのぶちゃんのイメージを
大切にしたかったのでしょうか

 

happy02

 

吉本新喜劇団員
3人娘

 

平田敦子
(ツイッター)

 

平田あっち、はっきり言うて
出オチ[E:sweat01]

 

武内由紀子ちゃんも
中野久美子ちゃんも
三人娘でかわいく
口パクなしで
歌もダンスも
こなしていますので
あっちとの見た目のギャップは
ずっと笑いの種…

 

でも、あっちもちゃんと
踊ってるし、
歌も上手いし

 

すばらしい
エンターテイナーでした

 

happy02

 

口上

 

笑福亭松之助
(ウィキペディア)

 

本人です

 

冒頭だけの出演でしたが、
毎日毎回、
口上をしてるんですね

 

凄いな…

 

happy02

研究生(劇団員)達の
仲が良くって

人のせりふの多さを
ねたんだりしないで、
共に喜び、
自分の力足らずだと感じて
もっと頑張らねばと誓う

一緒に帰ったり、
飲みに行ったり

できないところは
お互いがフォローしあい、
慰めあう

彼らの関わりあう場面が、
この時代の日本人がもっていた
仲間意識、思いやりを表わしていました

 

happy02

笑福亭松之助
噺家で構成作家

金山一彦

10月 10/1(ブログ)

happy02

八田竹男
吉本興業役員

 

荒谷清水
(ツイッター)

 

happy02

 

久野雅弘

 

「吉本百年物語」10月公演 9/27(ブログ)

 

happy02

 

岡崎
新喜劇演出家

 

おかけんた・ゆうた
おかけんた

 

昨日のMBSラジオ「ノムラでノムラだ EXトラ!」10/26(ブログ)

 

happy02

 

徳次郎
喫茶店のマスター

おかけんた・ゆうた
おかゆうた

 

 

happy02

 

吉本新喜劇団員
3人娘

 

武内由紀子

 

 

吉本新喜劇団員
3人娘

 

中野公美子

 

 

吉本新喜劇団員

 

渡辺吾郎

 

happy02

 

八重
喫茶店のママ

 

末成由美
(ウィキペディア)

 

happy02

 

林正之助
吉本興業社長

 

島田一の介
(ウィキペディア)

 

happy02

 

 

コールコーヒーという言い方、
懐かしかったです

お客さんもいっぱい入っていて、

うちの子のような若い人から
京やん・八ちゃん世代の高齢者まで

カテコトークでも
花紀京・岡八郎さんの人気のお陰で
大入り満員と
内場勝則さんも言ってました

いつまでもエクスタシー歌ってて、
お客も終わるまで帰らないから、
何とか内場勝則さんと千原せいじ君が
帰らそうとしたりして、

「お気づかいなく」

など言ってたのが
ワラケました

千原せいじ君の歌は酷かったし、
末成由美さんまで踊ったりしてて
最後まで楽しませてもらいました

 

 

演劇

 

にほんブログ村 トラコミュ 吉本新喜劇へ
吉本新喜劇

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

過去ログ

2019年12月(4)
2019年11月(8)
2019年10月(7)
2019年09月(7)
2019年08月(9)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(9)
2019年03月(6)
2019年02月(5)
2019年01月(8)
2018年12月(11)
2018年11月(9)
2018年10月(6)
2018年09月(7)
2018年08月(8)
2018年07月(11)
2018年06月(17)
2018年05月(17)
2018年04月(11)
2018年03月(15)
2018年02月(12)
2018年01月(20)
2017年12月(25)
2017年11月(27)
2017年10月(25)
2017年09月(26)
2017年08月(25)
2017年07月(23)
2017年06月(24)
2017年05月(23)
2017年04月(20)
2017年03月(18)
2017年02月(17)
2017年01月(19)
2016年12月(23)
2016年11月(15)
2016年10月(22)
2016年09月(20)
2016年08月(15)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(7)
2016年04月(8)
2016年03月(12)
2016年02月(8)
2016年01月(6)
2015年12月(8)
2015年11月(8)
2015年10月(4)
2015年09月(7)
2015年08月(9)
2015年07月(14)
2015年06月(4)
2015年05月(14)
2015年04月(11)
2015年03月(21)
2015年02月(11)
2015年01月(4)
2014年12月(23)
2014年11月(11)
2014年10月(3)
2014年09月(6)
2014年08月(3)
2014年07月(8)
2014年06月(6)
2014年05月(24)
2014年04月(14)
2014年03月(6)
2014年02月(7)
2014年01月(10)
2013年12月(16)
2013年11月(11)
2013年10月(11)
2013年09月(21)
2013年08月(23)
2013年07月(31)
2013年06月(33)
2013年05月(29)
2013年04月(35)
2013年03月(36)
2013年02月(33)
2013年01月(33)
2012年12月(35)
2012年11月(34)
2012年10月(34)
2012年09月(33)
2012年08月(30)
2012年07月(33)
2012年06月(31)
2012年05月(32)
2012年04月(31)
2012年03月(34)
2012年02月(29)
2012年01月(33)
2011年12月(33)
2011年11月(31)
2011年10月(35)
2011年09月(32)