0コメント

ファニー・ガール H22年1月大阪楽日梅田芸術劇場

席は1階3列最上手

 

また、私の前には席が無く、一番端の一番前、という感じでした

 

 

 

 

ネタバレしています

 

 

 

 

 

ブロードウェィ・ミュージカル
ファニー・ガール

 

22年1月30日マチネ

 

梅田芸術劇場

 

 

 

 

 

劇作・脚本・演出(以下、敬称略)
正塚晴彦

 

出演者
春野寿美礼
綱島郷太郎
橋本じゅん
剣幸
田中利花
阿部裕
小山萌子
藤浦功一
遠山大輔
秋山エリサ
ヴァネッサ・ルート
小野妃香里
鴨志田加奈
杵鞭麻衣
髙橋あすか
徳垣友子
中村桃花
福田えり
山中美奈
池島優
小原和彦
加賀谷一肇
清水和博
楢原潤也
港幸樹

 

 

 

 

 

主演ファニー役のオサ(春野寿美礼)さんは、歌が巧いですね

 

ファニーの歌を、ずっと聞いていたいと思いました

 

あと巧いなあと思うのは、ファニーのお母さん役のウタコ(剣幸)さん

 

ファニーがもう私の手を離れて、という歌の時は、私にも娘二人がいるので、胸に染みてしまいました

 

そして、田中利花さんは、ファニーの近所の小母ちゃん達の1人で、お母さんのカード仲間でしたが、ダントツに巧くて目立っていました

 

あと、劇中劇ならぬ劇中ショー、というのかしら、幾つかファニーの舞台が展開されましたが、その中の軍隊のショーの時は、軍服を着たオサさんを見て、ヅカの舞台みたいだな、と思いました

 

 

 

 

 

カテコは3回

 

何度も呼ばれるからオサさんが、

 

「(ソワレが)もう一回あるんです

 (皆さんは)夜までおられますか」

 

とユーモア溢れる挨拶で締められました

 

 

 

 

 

じゅんさんのコール&レスポンス、又ありましたよー

 

この小屋で、初めてじゅんコーレスを見たのは、ピーターパン、次に蛮幽鬼でした(ピーターパンと蛮幽鬼の私のエントリーは、この記事の巻末に載せています)

 

今回は、

 

「はるのー」

 

のじゅんさんに対し、私達は

 

「すみれー」

 

とやりました

 

じゅんさんは劇団☆新感線の中でも、真面目な所とおポンチな所のオン・オフがはっきりしてる感じがします

 

ファニーに密かに思いを寄せる、振り付け師エディの役

 

エディがまた、ユーモア溢れる所と、真面目な一面を兼ね沿えた人物で、じゅんさんらしい役に思います

 

 

 

 

 

阿部裕blogより
大阪! 1/27

 

遠山大輔blogより
ファニーガール 千穐楽 1/31

 

小野妃香里blogより
ファニーガール大千秋楽 2/1

 

徳垣友子blogより
実家より 1/27

 

中村桃花blogより
Bye Bye☆ FUNNY! 2/2

 

清水和博blogより
前楽終了〜 1/30

  

港幸樹blogより
千秋楽終了! 1/30

 

 

 

 

 

ピーターパン 21年8月大阪初日 梅田芸術劇場

 

蛮幽鬼 21年11月大阪初日 梅田芸術劇場

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

過去ログ