0コメント

柔らかい棘 ペイン・カー:著

原題はHURMFUL INTENT
直訳すると有害な意味




柔らかい棘

ペイン・カー(Baib Kerr):著

著者は、自身も医療過誤を専門とする弁護士


法廷物が好きなので読んでみました

原告の一人娘の年が、内の子と同年代なのと、乳癌に罹ってる事から、原告の彼女も私くらいの年かと思いました

ボルダーという実在しない都市で、ピーター・モス弁護士が原告の為に戦います


乳癌を放置された侭だったという事で、テリー・ウインターは、主治医のウォレス・ボンダランドを訴えます

ピーターはテリーの弁護を引き受けます

途中までは、テリーの頑固とも取れる程の、信念を曲げずの性格が災いして、ピーターは負け気味

テリーが12歳の娘エミーを連れて雲隠れしたりして、中盤までモス苦戦

エミーの主治医でもあったボンダランドについて、エミーが母テリーに何やら告白

テリーは急遽、終の棲家と秘かに思っていた雲隠れ先のメキシコからボルダーに戻り、裁判を闘う決意

判決の結果はどうなる[E:sign02]
エミーの告白とはどんな衝撃の事実だったのか[E:sign02]

 
テリーの裁判を引き受ける前に、ピーターは医療過誤でボンダラントと戦った事が有りました

原告はジェシー・フィッシャーの両親

ジェシーは当時 中学生で体操選手でした

肩を痛めてボンダラントに診て貰います

医療ミスにより副作用が出て、全身に湿疹が広がり、皮膚が剥がれ、免疫低下によって敗血症を伴うという、想像したくない状態で亡くなりました

ジェシーの事は物語の中で、何度もピーターが思い返すのです

ピーターは此の裁判、敗訴したんです

内にも中学生が居ます

ジェシーの亡くなる部分の描写は涙を誘いました


小説の合間に入る、ピーターのベトナム体験

特に印象に残るのは、村一つ壊滅させろと言われて、ピーターに命令が下った所からの下りです

無抵抗の非戦闘員である村民を殺す訳です

ピーターは、そんな事はしたくありません

ピーターの率いる小隊全員は、そんなピーターに従います

即ち、村は攻撃しない[E:sign01]

無線で大尉に連絡する時、

「村に接近しています」

と言いながら、空中に銃を撃たせ、

「今、敵を倒しました」

等の嘘の報告を繰り返します

無線を切らずに、ピーターも小隊全員も、何にもない空き地であらゆる武器をぶっぱなし、咆哮を轟かせ、光を放ち、大声を出します

此の場面の胸を空く程の圧巻さ

筆者もベトナム経験が有るのかもと思いました


終盤のテリーの言葉に

「病気には意味なんかない」

と言うのが出て来ます

病気は病気なんだ、と

テリーの亡くなる所も迚も素晴らしい


それにしても、本職が作家じゃないなんて、著者には驚きです

にほんブログ村 トラコミュ ミステリ・サスペンス・推理小説全般へ
ミステリ・サスペンス・推理小説全般

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

過去ログ

2020年08月(2)
2020年07月(6)
2020年06月(8)
2020年05月(7)
2020年04月(5)
2020年03月(8)
2020年02月(8)
2020年01月(8)
2019年12月(9)
2019年11月(8)
2019年10月(7)
2019年09月(7)
2019年08月(9)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(9)
2019年03月(6)
2019年02月(5)
2019年01月(8)
2018年12月(11)
2018年11月(9)
2018年10月(6)
2018年09月(7)
2018年08月(8)
2018年07月(11)
2018年06月(17)
2018年05月(17)
2018年04月(11)
2018年03月(15)
2018年02月(12)
2018年01月(20)
2017年12月(25)
2017年11月(27)
2017年10月(25)
2017年09月(26)
2017年08月(25)
2017年07月(23)
2017年06月(24)
2017年05月(23)
2017年04月(20)
2017年03月(18)
2017年02月(17)
2017年01月(19)
2016年12月(23)
2016年11月(15)
2016年10月(22)
2016年09月(20)
2016年08月(15)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(7)
2016年04月(8)
2016年03月(12)
2016年02月(8)
2016年01月(6)
2015年12月(8)
2015年11月(8)
2015年10月(4)
2015年09月(7)
2015年08月(9)
2015年07月(14)
2015年06月(4)
2015年05月(14)
2015年04月(11)
2015年03月(21)
2015年02月(11)
2015年01月(4)
2014年12月(23)
2014年11月(11)
2014年10月(3)
2014年09月(6)
2014年08月(3)
2014年07月(8)
2014年06月(6)
2014年05月(24)
2014年04月(14)
2014年03月(6)
2014年02月(7)
2014年01月(10)
2013年12月(16)
2013年11月(11)
2013年10月(11)
2013年09月(21)
2013年08月(23)
2013年07月(31)
2013年06月(33)
2013年05月(29)
2013年04月(35)
2013年03月(36)
2013年02月(33)
2013年01月(33)
2012年12月(35)
2012年11月(34)
2012年10月(34)
2012年09月(33)
2012年08月(30)
2012年07月(33)
2012年06月(31)
2012年05月(32)