0コメント

車椅子のヒーロー クリストファー・リーブ:著

関どコからデータ移行されたのですが、下書の侭ほったらかしので、改めて今エントリー公開しています

メモ書きをそのまま載せています[E:sweat01]

映画のスーパーマンを演じた俳優

彼の生きた証…

車椅子のヒーロー


著者(敬称略)/
クリストファー・リーブ

Mr.リーブは
1995年の落馬事故で
脊髄に損傷をうけ
首から下の感覚が
無くなりました

原書は1998年に出版の
STILL MEです

高次脳機能障害はなかったみたいでよかったね
事故の前後の記憶がないみたいなので

ロビン・ウイリアムズのhumourが時々読める

妹のアリソンが話し込んでしまい、クリントン大統領からの電話が繋がらなかった事、有り難いけど苛々した様子がわかる

脊髄損傷にレベルがある事がわかる
彼のレベルは頭を動かす事が出来る、話す事が出来る
軽くなる程自力呼吸が出来る、腕を動かせる、手も使える

どうしても自分の状態を受容出来なかったMr.リーブ
でも軈て落馬したら首の骨を折るのは当たり前、避けられない事と先ず認め、今人に立ち向かう強さ、其処に神があり慈悲があると気付く

病室の外にボディ・カード
でも、Mr.リーブが理解出来なかったのは自分が死にそうになってるのに看護士を呼ぶしかしない事
これは多分、医療関係、介護関係に携わってはならない、外からの侵入者には立ち向かえるけど、という業務契約があるはずで、其処は人としてどうよ、とMr.リーブは考えるみたい

一度遊体離脱みたいな体験もしている
天井辺りからbedの自分をみていてみんながあたふた治療に当たっていて声や音が聞こえない

speechをする場面が何度かあるがMr.リーブのhumourもたいしたもんだ

高額機器を使えばリハビリも相当出来るんだなあと思う
お金がないとそのまま寝たきり

下積みの時の芝居の話は興味深い

ソープオペラに出たら視聴者が役と混同して文句を言ったりする所面白い
台詞をきっちり覚えていない方がリアルな演技が出来るという

車椅子でOscar授賞式に出た時、elevatorの関係で従業員と一緒になった
今も貴男はスーパーマンです、と言われたそう

最初の妻と2番目の妻の間にそれぞれ2人ずつの子供
誕生からふれあいから、どれも父親としての深い愛情を感じる記述

curtain callの仕方を教わるMr.リーブ
早く家に帰りたいように見える、羽磐田市がやりましたほなさいなら、みたいな
ゆっくり中央まで出て、背筋を伸ばして制止、そのまま時間をとり、片側のバルコニーをみて、もう片方のバルコニーをみて、桶の右側、左側、と視線を送る
向き直るたびに、有り難う御座いましたなど心を込める
そして礼
実践したらお客総立ちの拍手だったそう

プリティ・ウーマンのauditionではヒロインのミスロバーツが来れず、代役の女性directorがええ加減な棒読みをしたので、あなた方は俳優をこんな風に扱う権利はない、と怒って脚本まっぷたつにして出ていったとの事

車椅子で監督した時も役者達みんな疲れたといわなかった
車椅子で呼吸機械付けては結構疲れるからね

スーパーマン遣ってる時はヒーローとは、先の事を考えずに勇気ある行動をとる人、と言っていたが、車椅子になってからは、どんな障害にあっても努力をし耐え抜く強さを身に着けた普通の人々だと思った

アメリカは一つの家族
家族が困難な目にあったら助けるでしょうというspeech、耳が痛い日本
Grwhbdcu

「ライターズ.jp」で記事をチェック!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

過去ログ

2019年12月(4)
2019年11月(8)
2019年10月(7)
2019年09月(7)
2019年08月(9)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(9)
2019年03月(6)
2019年02月(5)
2019年01月(8)
2018年12月(11)
2018年11月(9)
2018年10月(6)
2018年09月(7)
2018年08月(8)
2018年07月(11)
2018年06月(17)
2018年05月(17)
2018年04月(11)
2018年03月(15)
2018年02月(12)
2018年01月(20)
2017年12月(25)
2017年11月(27)
2017年10月(25)
2017年09月(26)
2017年08月(25)
2017年07月(23)
2017年06月(24)
2017年05月(23)
2017年04月(20)
2017年03月(18)
2017年02月(17)
2017年01月(19)
2016年12月(23)
2016年11月(15)
2016年10月(22)
2016年09月(20)
2016年08月(15)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(7)
2016年04月(8)
2016年03月(12)
2016年02月(8)
2016年01月(6)
2015年12月(8)
2015年11月(8)
2015年10月(4)
2015年09月(7)
2015年08月(9)
2015年07月(14)
2015年06月(4)
2015年05月(14)
2015年04月(11)
2015年03月(21)
2015年02月(11)
2015年01月(4)
2014年12月(23)
2014年11月(11)
2014年10月(3)
2014年09月(6)
2014年08月(3)
2014年07月(8)
2014年06月(6)
2014年05月(24)
2014年04月(14)
2014年03月(6)
2014年02月(7)
2014年01月(10)
2013年12月(16)
2013年11月(11)
2013年10月(11)
2013年09月(21)
2013年08月(23)
2013年07月(31)
2013年06月(33)
2013年05月(29)
2013年04月(35)
2013年03月(36)
2013年02月(33)
2013年01月(33)
2012年12月(35)
2012年11月(34)
2012年10月(34)
2012年09月(33)
2012年08月(30)
2012年07月(33)
2012年06月(31)
2012年05月(32)
2012年04月(31)
2012年03月(34)
2012年02月(29)
2012年01月(33)
2011年12月(33)
2011年11月(31)
2011年10月(35)
2011年09月(32)