4コメント

●マスコミは何を伝えたか 追跡・和歌山カレー事件報道 佐藤友之:著

事件はすっかり解決してるものと思い込んでいました



マスコミは何を伝えたか 追跡・和歌山カレー事件報道

佐藤友之:著


著者は、ドキュメンタリーライター

本書は
解放出版社から平成13年5月に発刊されています


あまりにも恐ろしい事件でした

平成10年の夏祭り

子供を含む4人もの死者を出し、
60人以上の人が急性ヒ素中毒で死ぬ程の思いをしたあの事件

保険金目当てに従業員に毒を盛っていた事は認めた地元の主婦が逮捕され、
軈て、死刑判決も出ました
 ↓
 コメントで指摘してくださったken-kataokaさん、
 有難う御座います
  主婦は、保険金詐欺を繰り返した事は認めました
  でも、旦那さんや従業員にヒ素を持った事までは
  認めていません
  訂正させて頂きます
  

でも、本書には
凄く怖い事が書かれていました

主婦は、ヒ素など盛っていないと主張しているのです

主婦を逮捕した決め手は、どうやら
当時10代だった目撃者の証言による事と
毒盛り・保険金詐欺の手口のみらしいのです

松本サリン事件を思い出します

会社員の男性が、先ず疑われました

でも、犯人は既に周知の事実

容疑者とされた男性は、奥さんも大変な目に遭った
言わば被害者でした

私はこの時も、男性が犯人だと思ってしまいました


本書を読んで、問題だなと思ったのは

 警察が発表する其のまんまのマスコミの報道姿勢

 被害を受けたエリアを蹂躙するかのようなマスコミの取材

 自白イコール有罪とする日本の裁判の在り方


自分がもし、遣ってもいない事で逮捕・拘留されたらどうしよう

遣ってないと叫んでも、嘘を吐いてるように言われ、
今回の主婦のように黙秘すれば、図々しいかのように言われ


筆者は、主婦を擁護している訳ではありません

主婦を犯人と決めるには、あまりにも
証拠も動機も何も無い事を指摘しているだけです

此の主婦が犯人だ[E:sign01]
…と思い込んでいた自分を反省しました

それにしても、主婦が犯人でないとすれば、
こんな許されない事を遣った人は誰なんでしょう

にほんブログ村 トラコミュ 事件・犯罪その真相にせまる!へ
事件・犯罪その真相にせまる!

この記事へのコメント

  • ken-kataoka

    和歌山カレー事件は冤罪だと思い、そのことを少しでも世に広めるためにこのほど、ブログを始めた者です。この本は私も読みましたが、当時の報道がどういう感じだったかの良い参考資料になっています。>保険金目当てに従業員に毒を盛っていた事は認めた地元の主婦が逮捕され、 軈て、死刑判決も出ました についてですが、被告人が認めたのは、カレー事件以前に保険僅詐欺を繰り返していたことまでで、「夫や知人たちにヒ素を盛っていた」とされる手口については一貫して否認しています。これは、報道が不正確なものばかりのため、誤解されている方が多い点の1つなのですが…今後もカレー事件の真相に、関心を持って頂ければ幸いです。よろしくお願い致しますm(_ _)m
    2008年03月14日 19:55
  • 紫関西どっとコム

    被告人が認めたのは、カレー事件以前に保険金詐欺を繰り返していたことまで申し訳ありません、屹度、本書にもちゃんと書かれていたのに、私まだ誤解していましたエントリーに加筆させて頂きました私が犯人とされる主婦だったら、と考えると、他人事に思えません真犯人が他にいるとしたら、二重の意味で人でなしですken-kataokaさんは凄いブログをされていますね正義の方ですね[E:sign01]私のブログを見つけて、エントリーを読んでくださって、有難う御座いました
    2008年03月14日 21:23
  • ken-kataoka

    >申し訳ありません、 屹度、本書にもちゃんと書かれていたのに、私まだ誤解していました とんでもありません;^^エントリに加筆までして頂き、かえって恐縮です。私は、正義の味方、というほどの者ではないのですが、この事件の捜査・裁判については容認しがたく、細々と活動しております。紫関西どっとコムさんのような方の存在は、励みになります。どうもありがとうございますm(_ _)m
    2008年03月15日 16:27
  • 紫関西どっとコム

    死刑判決だなんて、考えたらおかしい事極刑にするなら、それ相応の納得できる証拠を出して欲しいものですken-kataokaさんのサイトや、此の本などで、私のように主婦が犯人だと思い込んでいる人達が疑問を持ってくれるといいなあと思います
    2008年03月15日 17:37

この記事へのトラックバック

過去ログ

2020年05月(7)
2020年04月(5)
2020年03月(8)
2020年02月(8)
2020年01月(8)
2019年12月(9)
2019年11月(8)
2019年10月(7)
2019年09月(7)
2019年08月(9)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(9)
2019年03月(6)
2019年02月(5)
2019年01月(8)
2018年12月(11)
2018年11月(9)
2018年10月(6)
2018年09月(7)
2018年08月(8)
2018年07月(11)
2018年06月(17)
2018年05月(17)
2018年04月(11)
2018年03月(15)
2018年02月(12)
2018年01月(20)
2017年12月(25)
2017年11月(27)
2017年10月(25)
2017年09月(26)
2017年08月(25)
2017年07月(23)
2017年06月(24)
2017年05月(23)
2017年04月(20)
2017年03月(18)
2017年02月(17)
2017年01月(19)
2016年12月(23)
2016年11月(15)
2016年10月(22)
2016年09月(20)
2016年08月(15)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(7)
2016年04月(8)
2016年03月(12)
2016年02月(8)
2016年01月(6)
2015年12月(8)
2015年11月(8)
2015年10月(4)
2015年09月(7)
2015年08月(9)
2015年07月(14)
2015年06月(4)
2015年05月(14)
2015年04月(11)
2015年03月(21)
2015年02月(11)
2015年01月(4)
2014年12月(23)
2014年11月(11)
2014年10月(3)
2014年09月(6)
2014年08月(3)
2014年07月(8)
2014年06月(6)
2014年05月(24)
2014年04月(14)
2014年03月(6)
2014年02月(7)
2014年01月(10)
2013年12月(16)
2013年11月(11)
2013年10月(11)
2013年09月(21)
2013年08月(23)
2013年07月(31)
2013年06月(33)
2013年05月(29)
2013年04月(35)
2013年03月(36)
2013年02月(33)
2013年01月(33)
2012年12月(35)
2012年11月(34)
2012年10月(34)
2012年09月(33)
2012年08月(30)
2012年07月(33)
2012年06月(31)
2012年05月(32)
2012年04月(31)
2012年03月(34)
2012年02月(29)