0コメント

テイクフライト H20年1月大阪初日 梅田芸術劇場

ラストは感動して涙が出てしまいました


テイクフライト
20年1月3日マチネ
梅田芸術劇場
1階17列上手寄り

ネタバレにご注意ください

脚本(以下、敬称略)
 ジョン・ワイドマン

作曲
 デイヴィッド・シャイヤ

作詞
 リチャード・モルトビー Jr.

訳・演出・振付
 宮本亜門

訳詞
 森雪之丞

音楽監督・指揮
 デイヴィッド・チャールズ・アベル

配役
 天海祐希(アメリア・エアハート)
 城田優(チャールズ・リンドバーグ 他)
 池田成志(ライト兄弟の兄ウィルバー 他)
 橋本じゅん(弟オーヴィル 他)

 小市慢太郎(フレッド・ヌーナン 他)
 坂元健児(ピーター・バーク 他)
 今拓哉(ドナルド・ホール 他)
 宮川浩(ジョージ・パットナム 他)
 花山佳子(リンドバーグ母 他)
 杉村理加(エイミー・フィップ 他)
 治田敦(レイ・ペイジ 他)
 岡田誠(牧師 他)
 華城季帆(女学生 他)
 菅原さおり(マギー・フィールド 他)

 本田育代(女学生 他)
 ラサール石井(オットー・リリエンタール 他)



お客さんもかなり混乱している人が多かったので
構成なりを書いておきます

ライト兄弟やリンドバーグは日本でも有名ですので
実在の人物だとお分かりでしょう

アメリア・エアハートも実在する女性パイロットです

1867年 ライト兄・ウィルバー生まれる
1871年 ライト弟・オーヴィル生まれる
1897年 アメリア生まれる
1902年 リンドバーグ生まれる
1903年 ライト兄弟が史上初の動力飛行に成功
 
此処が物語のラストシーンです
1927年 リンドバーグが史上初の北大西洋無着陸飛行成功
 
物語の終盤に出て来ます
1928年 アメリアが男性の乗る飛行機で大西洋を渡る
 
此処は序盤に出て来ます

にも関わらず、舞台では
ライト兄弟が失敗ばかりしていた飛行の実験が
段々形になっていく挿話を
リンディとアメリアの話に盛り込むので、
混乱した観客が出てしまったようです

挙げ句にですね、
リンディがパリ目指して飛ぶ1927年から遡って舞台で展開され、
アメリアが男性の同乗者となった1928年の場面には既に
リンディの成功が台詞に出て来たりする凝りよう

そして実はですね、
其の後、同乗者としてでなく自分が操縦して
何度もあちこち飛んだアメリアが
世界一周に出るのですが
其れが失敗してしまい、
つまりもう此の世に居ないのかとお客がショックを受けた後、
アメリアが1927年に
もうパリに着く直前に苦労している
リンディの操縦席に現れるという時系列の入れ替わり具合

私は此れで良かったと思いましたが
三組の時代が少しずつずれている事を知らない人は
絶対、意味が分からない侭、見ていた訳で、
そう言う意味では
勿体ない作りになった舞台だなあと思いました


子役ちゃん、此の回はどっちの子だったのかな

Wキャストだったんです

泣きよるぞ、楽日は

子役ちゃんもやけれど、彼女のお母さんがね…


オーケストラ生演奏は凄い


役者達は負けない声量で歌わなければならないのですが
其の為のマイクを通した声が聞き取り難い時も有りました

アメリア役のゆりちゃん(天海祐希さん)が、個人的には
もっと低い声で歌って欲しかったかなと思いました

ゆりちゃんのファルセットの声が響いてない大阪初日、残念…


ライト兄弟のコミカルな場面は
ほっとした清涼剤のように感じました

じゅんさんと池田さんのキャラを把握しての
当て書きのようなライト兄弟

兄弟が仲良くしているのは
親の立場として嬉しいものです

大抵の曲を今、思い出せと言われたら
かなり苦労する私ですが
二人の陽気なメロディーは思い出せます


感動のラストシーンでした

でも、一寸ハラハラした場でもありまして…

じゅんさんが飛行機状の装置に載っかって
上昇している場面だったのですが、
誰か下から見ている男性の登場人物が帽子を放り投げて、
私ったら

「じゅんさんに当たるがな、危ないがな」

と思ってしまいました

もう、此の時ウルウルしてましたけれども…

アメリアの行方不明やリンディのパリ到着をラストにせず、
飛行機史の初めである
ライト兄弟の飛行成功を持って来たとは
小憎らしい
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

過去ログ

2020年09月(5)
2020年08月(8)
2020年07月(6)
2020年06月(8)
2020年05月(7)
2020年04月(5)
2020年03月(8)
2020年02月(8)
2020年01月(8)
2019年12月(9)
2019年11月(8)
2019年10月(7)
2019年09月(7)
2019年08月(9)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(9)
2019年03月(6)
2019年02月(5)
2019年01月(8)
2018年12月(11)
2018年11月(9)
2018年10月(6)
2018年09月(7)
2018年08月(8)
2018年07月(11)
2018年06月(17)
2018年05月(17)
2018年04月(11)
2018年03月(15)
2018年02月(12)
2018年01月(20)
2017年12月(25)
2017年11月(27)
2017年10月(25)
2017年09月(26)
2017年08月(25)
2017年07月(23)
2017年06月(24)
2017年05月(23)
2017年04月(20)
2017年03月(18)
2017年02月(17)
2017年01月(19)
2016年12月(23)
2016年11月(15)
2016年10月(22)
2016年09月(20)
2016年08月(15)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(7)
2016年04月(8)
2016年03月(12)
2016年02月(8)
2016年01月(6)
2015年12月(8)
2015年11月(8)
2015年10月(4)
2015年09月(7)
2015年08月(9)
2015年07月(14)
2015年06月(4)
2015年05月(14)
2015年04月(11)
2015年03月(21)
2015年02月(11)
2015年01月(4)
2014年12月(23)
2014年11月(11)
2014年10月(3)
2014年09月(6)
2014年08月(3)
2014年07月(8)
2014年06月(6)
2014年05月(24)
2014年04月(14)
2014年03月(6)
2014年02月(7)
2014年01月(10)
2013年12月(16)
2013年11月(11)
2013年10月(11)
2013年09月(21)
2013年08月(23)
2013年07月(31)
2013年06月(33)
2013年05月(29)
2013年04月(35)
2013年03月(36)
2013年02月(33)
2013年01月(33)
2012年12月(35)
2012年11月(34)
2012年10月(34)
2012年09月(33)
2012年08月(30)
2012年07月(33)
2012年06月(31)