4コメント

メタル マクベス H18年6月大阪厚生年金会館大ホール

ネタばれしますので、ご注意ください

 

 

 

 

 

兎に角凄くよかった、以外の言葉が出て来ないという、素晴らしい舞台でした


SHINKANSEN☆RS
メタル マクベス
平成18年6月29日
大阪厚生年金会館大ホール
1階最後列上手寄り

以下敬称略にて…

原作/
 W.シェイクスピア
脚色/
 宮藤官九郎
  →こんな演劇人
演出/
 いのうえひでのり
  →こんな演劇人

出演/
 内野聖陽
  →こんな役者
 松たか子
 森山未來
  →こんな役者
 北村有起哉
 橋本じゅん
  →こんな役者
 高田聖子
  →こんな役者
 粟根まこと
  →こんな役者
 上條恒彦
  →こんな役者
 右近健一
 逆木圭一郎
  →こんな役者
 河野まさと
 村木よし子
 インディ高橋 
 山本カナコ
 礒野慎吾
 吉田メタル
 中谷さとみ
  →こんな役者
 保坂エマ
 皆川猿時
 冠徹弥
 村木仁
 川原正嗣
 前田悟 他

 

 

 

 

粗筋】

2206年の荒廃した日本と、1981年の日本

両時代の人物が交錯し、シェークスピアの悲劇マクベスの物語とlinkする

…という感じです

悲劇マクベスの物語は

こちら

を参照

2206年の人物名が、メタルに因んだ名前になっています

 

 

 

 

 
松たか子さん】

心を病んでからの演技

真に迫る、とか
悲惨で哀れ、とか
そんなんでなく、むしろ滑稽で笑えると思いました

既婚女性として、共感をえる部分も多いと感じました
 
笑えたといえば、ずるむけ王(失礼!)が
奥さん、奥さんと
軽い呼び方をしてたのも、笑いましたけれど…

 

 

 

 

 

響く座席】

電車が通ってる、高架下のお店

そんな感じに、なりましたよ

座席、響くんですもの

勿論、仕掛けではありません 

音響で響くのです

流石は新感線

 

 

 

 

 

新感線といえば】

ロックと映像は、素晴らしいですね

効果的に使われているのは勿論の事、この作品では立派に主役でもあったように思います

 

 

 

 

 

中学生泣かせた】

13歳の長女は、この作品が初・新感線でした

マクベスの物語も知りません

ボコスカ、人がしぬ
マクベス

人が殺される度、涙流してました

終盤の、ランダムスターや、マホガニー城の最期の時の光の凄さにもの凄くびびって、体迄も動いてました

 

 

 

 

 

劇場は】

女子トイレを増やせ~

…と2幕始めにいうてはったのは、橋本さんでしたね

 

中入りの間にパンフをかいにでたのですが、トイレ待ちの列が通路に食み出ていてびっくりしました

18時開演で、25分中入り、終演が22時でしたから、途中でいっとこ、という賢明な女性が多かったんです

この台詞の時、もの凄い拍手でしたよ

 

 

 

 

 

そして粟根さん】

歌っても粟根さん

ロン毛でも粟根さん

踊っても粟根さん

ナンプラーでも粟根さん
 
そして
やられても粟根さん

素晴らしい粟根さん

粟根さんが連載をまだされているなら、5年振りに演劇ぶっくを又、買い始めようかと思っています…

 

 

 

 

 

ほんで橋本さん】

エクスプローラーも
バンクォーも
どっちも素晴らしかった

亡霊ででてきたバンクォーのお茶目には、笑いました

息子を愛し、
友を愛する男
エクスプローラーには、ごっつ惚れました

今頃今更、私、橋本じゅんさんに惚れました
 

 

 

 


パンフには、バンドのメタルマクベスのDVDがついていました

この2曲ばかり、口をついてでてきます

バンドとしてのメタルマクベスのliveもあるそうで、舞台で
実際に演奏されていたバンドの方達と
う〜ちゃんと
 →ナンプラーがマクベス内野をこう呼んでました
カンムリ君がでられるようです

 

 

 


curtain callではstanding ovationの観劇となりました

ああ、やっぱり私は芝居のfanなんだと、思い知った舞台でした

劇団☆新感線、おおきに


9yeibgby

この記事へのコメント

  • ハオル

    こんばんは、紫さん。3階席ですら音も光も迫力があったので、1階席は尚のことでしょうね。新感線ええなぁと思ったので、来年の松竹座の公演には行こうかなと。粟根さんの連載はまだ続いてますよ。私はいつも立ち読みですけどね。かなり遅くなってしまいましたが、胸キュンバトン完成しました。胸キュンということばの響きがこそばゆかったです。
    2006年07月10日 01:49
  • 紫関西どっとコム

    演ぶを私がとってた時のあわボンというコーナーは終了したときいていましてその後別のコラムを書かれてからは全く読んでいないのでわかりませんでしたよし、また買い始めようと思います[E:sign01]ハオルさん版胸キュンバトンもこれから見せて頂きます受け取ってくださり有り難う御座いました[E:sign01]
    2006年07月10日 07:59
  • ハオル

    確かその連載は単行本がでてましたね。今は人物ウォッチングという連載です。今回は森山未來さんでしたよ。文章も絵もかけて、粟根さんは多才ですね。
    2006年07月11日 00:53
  • 紫関西どっとコム

    買おうかなあ、と思っています[E:sweat01]人物ウォッチング、ですかやっぱり演ぶも買おう[E:sign01]ハオルさんとこれからもお芝居のお話しが出来ると思うと楽しみです[E:sign01]
    2006年07月11日 06:37

この記事へのトラックバック

  • 厚生 年金 会館のサイト集情報
  • Excerpt: 厚生 年金 会館のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。
  • Weblog: 厚生 年金 会館研究
  • Tracked: 2007-07-15 10:42

過去ログ

2020年09月(5)
2020年08月(8)
2020年07月(6)
2020年06月(8)
2020年05月(7)
2020年04月(5)
2020年03月(8)
2020年02月(8)
2020年01月(8)
2019年12月(9)
2019年11月(8)
2019年10月(7)
2019年09月(7)
2019年08月(9)
2019年07月(6)
2019年06月(5)
2019年05月(4)
2019年04月(9)
2019年03月(6)
2019年02月(5)
2019年01月(8)
2018年12月(11)
2018年11月(9)
2018年10月(6)
2018年09月(7)
2018年08月(8)
2018年07月(11)
2018年06月(17)
2018年05月(17)
2018年04月(11)
2018年03月(15)
2018年02月(12)
2018年01月(20)
2017年12月(25)
2017年11月(27)
2017年10月(25)
2017年09月(26)
2017年08月(25)
2017年07月(23)
2017年06月(24)
2017年05月(23)
2017年04月(20)
2017年03月(18)
2017年02月(17)
2017年01月(19)
2016年12月(23)
2016年11月(15)
2016年10月(22)
2016年09月(20)
2016年08月(15)
2016年07月(15)
2016年06月(15)
2016年05月(7)
2016年04月(8)
2016年03月(12)
2016年02月(8)
2016年01月(6)
2015年12月(8)
2015年11月(8)
2015年10月(4)
2015年09月(7)
2015年08月(9)
2015年07月(14)
2015年06月(4)
2015年05月(14)
2015年04月(11)
2015年03月(21)
2015年02月(11)
2015年01月(4)
2014年12月(23)
2014年11月(11)
2014年10月(3)
2014年09月(6)
2014年08月(3)
2014年07月(8)
2014年06月(6)
2014年05月(24)
2014年04月(14)
2014年03月(6)
2014年02月(7)
2014年01月(10)
2013年12月(16)
2013年11月(11)
2013年10月(11)
2013年09月(21)
2013年08月(23)
2013年07月(31)
2013年06月(33)
2013年05月(29)
2013年04月(35)
2013年03月(36)
2013年02月(33)
2013年01月(33)
2012年12月(35)
2012年11月(34)
2012年10月(34)
2012年09月(33)
2012年08月(30)
2012年07月(33)
2012年06月(31)